スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
100円ショップのシャワーキャップの補修(駄)
2016 / 07 / 24 ( Sun )
2016.6.15 シャワーキャップ


100円ショップのシャワーキャップを補修~!


あまりにも「どーでもいい(駄)…つまらない…苦笑」 と思いつつも、アップです。^^;


実は私、シャワーキャップ愛用者です。
ホテルに備えてあるビニール製のだったり、100円ショップのナイロン製だったり。
タオル製のは使いません。ビニールかナイロン製の愛用者です。(≧m≦)
朝晩の洗顔時にこれをサッと被って、髪の毛をすっきり覆ってしまうのです。
バンド状のを使う人もいるだろうけど、髪の毛が垂れてきたりしてあれはダメです。←私には、って意味です。
思い起こせば、中学生の頃からそうなので、かれこれ云十年の愛用歴です。(爆)
最初に使用していたのはフリルがついていて、密かな支持者(ファン)もいました。
それに乗せられて、シャワーキャップをずっと使い続けているとも言えます。
その愛すべき初代シャワーキャップは耐用年数を超え、さすがにありません。
その後は、密かな支持者がホテルに宿泊の度にお土産の一つのようにプレゼントしてくれるようになりました。
あれもまあ良いんですけどね(使い捨てだけど、意外と結構長く使えるのよ)、
今は本当に便利な世の中で、100円ショップに行けば可愛いのが選べる♪
しかも、ホテルのよりしっかりしています~。^^
一度購入すれば、かなりの期間、使えます。


で、ある日のことですが、


いつもの100円ショップのシャワーキャップのゴムがゆるゆるになってきまして、
予備に買い置きをしていた新品の100円ショップのシャワーキャップを開封してみたら、
ゴムがプチン!と切れたんです!!(>_<)
「これはなにー!!今袋から出したばっかりなのにー!!」と、非常に悔しい思いが…。
新品なのに、開封した途端に使い物にならないなんて、納得できない気持ちに。
いくら100円ショップ商品でもね。


そこで、初めてシャワーキャップの補修をしてみようじゃないか!ということなりまして、
見事果たしたその満足感が意外にあって。(≧m≦)
物持ちのいいシルフィーにとっては、快感~!
使い捨てに近い100円ショップのシャワーキャップも、
なんと半永久的に使えます!(爆)
同じような人がいたら、ぜひやってみてほしいと思います。^^;




まず、最初に、新品のシャワーキャップの中にあったゴムを思い切って取り出すことにしました。
普通なら捨てるだけなんだから、補修が上手くいかなくても損はしないわけでしょ。思い切ってできます。



2016.6.15 シャワーキャップ3


拡大すると、こんな感じ。
(画像は、新品のではなく、使用中の方で撮っています。)


2016.6.15 シャワーキャップ7


一部をハサミでカットします。
切り口からほつれるのかな?と思いきや、全然!です。
これなら補修できる!!



2016.6.15 シャワーキャップ1


引っ張って取り出すと、なんと、生ゴムだったんですよね。
輪ゴムとはちょっと違うかもしれないけど、こういう生ゴムを使っているとは思ってなかったなぁ。
買い置きで時間の経過中に生ゴムの劣化が起こり、一部(色が濃くなっている部分)が硬くなって、
開封して何気なく広げた時に、あっさりと切れた…というわけ。
「何でも予備を用意しておけばいいってもんじゃないのね」と一つわかりましたね。
で、本体を広げると、




2016.6.15 シャワーキャップ4


まるでクラゲ状。



2016.6.15 シャワーキャップ6


100円ショップでもあるヘアゴムとゴム通しを使って
(家にあるもので十分なので、この際色はお構いなし)



2016.6.15 シャワーキャップ8


縁の部分に通して行きます。



2016.6.15 シャワーキャップ9


一周させて、ゴムをしっかり縛ったら、完成!



2016.6.15 シャワーキャップ10


この通り!(拍手)
これがなんとも快感でね~(≧m≦)
続いて使用中のゴムが伸びてしまった方もやりました。



2016.6.15 シャワーキャップ5


下が伸びてしまったゴム。

で、2つのシャワーキャップが見事補修されて、トップ画像になったわけです。



たかが100円ショップのシャワーキャップだけど、
普通なら簡単に捨てるところがこんな風に蘇るなんて思ってもみなくて。
本体が破れたり穴が開かない限り、半永久的になった瞬間でした。笑 (大げさ)
私みたいに愛用してる方、良かったらやってみて下さい!(≧∇≦)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

2016 / 07 / 24 / 18 : 47 | 手芸・ソーイング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スジコガネ ~愛すべき小さな生き物
2016 / 07 / 23 ( Sat )
スジコガネ


庭で見つけた スジコガネ


庭の草が伸びてひどかったので、引っこ抜いていたら見つけたスジコガネ。
綺麗に撮れたので、アップです。(≧m≦)
お天気もまあまあで、気持ちも良く。
今年は、大好きなマルハナバチたちが6月の長雨と低気温のせいか、まだ1匹も来ていません。
寒さでコロニーを作れなかったんでしょうか…
ちょっと寂しい思いをしていたので、この小さな来訪者(住人?)に
ほっと和む…とでも言いましょうか。*^^*
娘が昆虫たちの虜でしたので、私にとっても、彼らは愛すべき小さな生き物で。
私に見つかって、スジコガネくんは、静かに草の根元の中へ姿を消していきました。



さて、その日の夜、夫が珍しいものを持ってきました。



エゾバブンウニ


エゾバフンウニ です。


今まで、いろんな魚介類をもらってきたけど、殻ごとのウニは初です。
・・・ということで、晩ご飯は「ウニ丼」に!


で、どうやってさばくんじゃ?


今は大変便利な世の中で、Youtubeで見せてくれるから大助かり!






動画のウニはムラサキウニですね。割った後も針が動いてた。


この通りやりましたよ!
本当は、静止画状に写真に撮りたかったんだけど、
ウニの処理が思いのほか手間の掛る地道…な作業で、それどころではないし、
エゾバフンウニ10個から採れたウニはとても少量でした。
でも、夫と二人でウニ丼にして食べると、「ウマい!!」って言ってもらえました。*^^*


甘くて、娘がいつぞや、「殻ウニは甘エビの味がした」と言っていたけど、
うん、近いかもしれないね。うんうん。
板にのってる身が締まってるウニとは全然違う。甘かったです♪
(もうちょっと使いやすいピンセットがあると良かったな。^^;)



関連記事

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

2016 / 07 / 23 / 16 : 13 | ライフ&楽しむ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2016 つが野焼2
2016 / 07 / 22 ( Fri )
2016 つが野焼 コレクション1


2016 つが野焼で購入したもの


半月状の皿と大きめの焼き魚皿、取り皿3枚

今まで無かったあたらしい顔ぶれです。



2016 つが野焼 コレクション3


つが野焼の新しい顔 波状?模様

ちょっとゴツイ感じがまたいい。
夫は、「(溝が)洗いにくそう…」なんて言いましたが、そうでもないですよ。




2016 つが野焼 コレクション4


つが野焼 角皿コレクション


大きさは、以前に購入した角皿(右側、お刺身やさんまの塩焼き用など)より大きめ。
北海道ではよく食べるホッケの開きや、夫が好きなニシンの開きが合うサイズです♪
北海道らしく、カニ足をのっけてもいい。(≧m≦)


(ちなみに、開きを焼くと、頭や尾が真っ黒に焦げませんか?
つい最近になって、ようやくその問題に解決を気づきました。
何のことはない、「焦げやすい部分にはアルミ箔を被せる」だけ。
「今まで主婦をやってきて、やっと今頃かい!?」と自分でツッコミをいれてしまいました。^^;
イヤほんと、それで綺麗な開きの焼き姿にすることがやっとできました!爆)


取り皿は、正方形に近いものを選びました。
魚の開き用より黒ずんでいて、カッコいいです!
夫が食前に必ず頂くトマトなどの野菜をのせてもよく合います。
黒くて締りがあるので、トマトの赤が引き立ってより美味しそう。
緑鮮やかな枝豆もGood!



2016 つが野焼 コレクション5


つが野焼 半月状のプレート。


今まで自宅用には買っていなかった。
今回1枚だけ、残っていたものをGET!
もう1枚欲しいな。




そして、これが我が家のつが野焼総コレクション。


2016 つが野焼 コレクション6


もう1枚では収まらなくなり、2枚に分けて。

大体、1つ3枚ずつになっています。


2016 つが野焼 コレクション7



和食器はこれで十分!



2016 つが野焼 総コレクション



なんだけど…、

2013年の画像に見える大皿(上から3枚目4枚目の中央や、
5枚目の左側や中央に見える)が今見ても素敵なんだわあぁ~!
やっぱり、こんなのもコレクションしたい!!(≧∇≦)
来年、また会えますように。。。
そう願って、2016つが野焼 終了と致します。^^



関連記事

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

2016 / 07 / 22 / 15 : 21 | ライフ&楽しむ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2015年もつが野焼に会いました ~1年遅れのアップ
2016 / 07 / 21 ( Thu )
2015 つが野焼1


2015 つが野焼


1年も遅れましての記事アップです。^^;
最近、ほんと、不精になってきました。
これではダメですね。
昨夜、娘から【60歳になるまでの課題】というものを出されました。
1.一生の趣味を持つこと
2.体力をつけること
子どもに心配を掛けるのはいけませんね。
おとなしく「はい。」と返事をしました。
もう「老いては子に従え」がスタートしています…^^;
昨日今日は有難いお休みで、のんびりTV録画の編集などをしていると、
課題2に役立ちそうなものをもう見つけられました。
がんばろうかな?(≧m≦)


さてさて、毎年訪れている全国陶器まつり、去年もつが野焼に会いに行きました。
去年は、前から欲しいなと思っていた、どんぶりを手に入れることができました♪



2015 つが野焼3


つが野焼のどんぶり


お蕎麦やうどんを食べるにはちょっと小ぶりなサイズです。
(おそば・うどん用と、ラーメンどんぶりは既に満足しているものを持っていますし)
以前、川原井さんに、このような「どんぶりは作らないのですか?」と投げかけたことがあります。
答えは、「作ってもあまり買う人がいない。」ということでしたが、
こうして作って下さいました。ありがとうございます!*^^*
これは、我が家では豚汁(北海道では-ぶたじる-と読みます。とんじるではありません。)や
三平汁などの具だくさんな汁ものにとっても重宝しています♪
天丼やかつ丼などのどんぶりにも勿論良いです。使い勝手は良いですよ。
問題は、もう食器棚に収まらない…ということですが。^^;
つが野焼ファンで、これまで少しずつ買い足してきた成果、かなりのコレクションになりました。
置き場所問題、今後はどうしましょうかねぇ…。


2015 つが野焼4


つが野焼 盛鉢


お鍋の具材を盛り付けるのに使う大きな丸皿も、食卓に出す大きめの丸皿も
これまでに買ってきたのだけど、この葉模様がなんとも言えず、また増やしてしまいました。
今までとは違う盛鉢だしね。…と自分にOKをつける。^^;
ほんと、毎回、会いに行く度に、趣の違うものなので、どれも良いんですよ~!
ひとりご飯のワンプレートで、サラダやカレーを盛り付けて食べたりもしています。



2015 つが野焼 大皿


我が家の つが野焼 大皿コレクション


右から奥の3枚は、おでん皿に買いました。肉じゃがや煮物、スープやシチューでも何でも使えます。
左手前は多目に使っています。煮物は勿論、チャーハン・カレー・パスタのワンプレートでもなんでも!
左奥の絵皿立てに立てているのが、お鍋の時に重宝な大皿。
普段はこうして立てて飾っています。
「食器棚に入らない。汗」と言ったら、「これで飾ってよ。」と、
川原井さんから絵皿立てを頂きました。*^^*



それから、小さい可愛いのもちょっと買いました。



2015 つが野焼2


つが野焼 小さい丸皿


ちょっとした珍味や薬味、わさびやからしを粉から練ったりする時に使っています。
可愛いでしょ。


以上、2015 つが野焼でした。
次は、2016 つが野焼で購入したものたちです。
お休みの間に一気に書くぞー!!


関連記事

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

2016 / 07 / 21 / 12 : 56 | ライフ&楽しむ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2016 今年もつが野焼に会いました
2016 / 07 / 20 ( Wed )
2016 つが野焼
 

2016 つが野焼


今年も、つが野焼の川原井与一郎さんから、陶器市のお知らせはがきを頂き、早速会いにいきました。



全国陶器まつり


この黄色いアーチが目印。遠くからでも見つけやすいですね。


この陶器まつりに初めて行ったのは2006年。つが野焼に出会い、一目で気に入りました。
その後、2007年2011年2012年2013年2013年その22014年
2015年記事に書いていませんが。 一年遅れで翌日アップしました)…と過去7回、
今年で8回目の陶器まつりです!
その全て、つが野焼だけを目当てに行っています。浮気は一度もありませんよ。(≧m≦)
毎度少しずつではありますが、買い足ししていると、当然かなりのバリエーションが揃っています。
でも、毎回、前年とは少しずつデザインが変わっていたり、
去年買ったものよりもっと好みのものが作られたりして、なかなか飽きることがありません。
ひとつひとつが手作り、色味や大きさも一つずつ違うので、手にとって選んだりする楽しさは
全く飽きることがありません。*^^*


今回は、いつにも増して念入りに写真を撮ってきました。
川原井さんは、「どうぞどうぞ!」といつも歓迎して下さいます。^^
沢山のつが野焼を紹介したいと思います。



つが野焼1


つが野焼 正面



つが野焼2



つが野焼3



つが野焼4


大きく立派な花器、大皿、日常のコーヒーカップや湯飲み、お湯さまし、多目的タンブラー、ビアグラス…
生活に溶け込むものが沢山です。続きでもっとじっくり紹介します♪


続きを読む
関連記事

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

2016 / 07 / 20 / 14 : 05 | ライフ&楽しむ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。