スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
パンナコッタとチョコブラウニーと 近況報告
2009 / 05 / 16 ( Sat )
ぱんなこったとちょこぶらうにー


今月のお菓子教室


昨日はお菓子教室の日。「パンナコッタとチョコブラウニー」でした。
が、一昨日の夜、急遽先生に欠席の連絡をしました。
1週間前まではキャンセル可能だけれど、
今回のようなドタキャンは、材料費として講習代の半額をお支払いして、
皆さんが作って下さった出来上がりを受け取りに行くことになっています。
それがこれ。
「パンナコッタとチョコブラウニー」です。


パンナコッタが一人1個だけ?というところがちょっと…だけれど。^^;
豆乳仕立てでさっぱりと頂けました。
娘と半分こして。
チョコブラウニーは想像していたよりもふわふわしていて軽いバターケーキのよう。
皆さんで試食をした時の一人分?と思われる1カットのおまけつきで、
それだけを空きっ腹に慌てて入れました。(とても忙しくて落ち着いた時間が無くて)
画像のものはあとで娘とちゃんと頂きたいです。^^
ブラウニーとやらは、これまた売り物を食したことが無くて、
よくネットや雑誌のレシピで目にする画像からの想像では、平べったく厚みの無い、
ふわふわというより硬め?食べるとボロボロしそうな感じだと思っていました。
これはとてもさっぱりと美味しかったです。
レシピも頂いたので、今度自分でも作れます。
ただ、実際先生がデモをされながら教えて下さるのが
配られたレシピにある手順といつも多少違ったりするのよね~。^^;


来月のお菓子教室は「シュークリーム」。
さて、出席できるでしょうか。。
その理由と近況を続きで。





今月のお菓子教室をドタキャンすることになったのは、
病気のルルの容態がここにきて急激に悪化しているからです。
4月の中頃までは元気な感じだったのですが、徐々に弱ってきて、
連休の頃には歩くのもノソノソ…で元気が無く。
お散歩もしない方がいいかな…というより、もう無理なのかな…と。
玄関が広いので、大型のサークル用トレーを置いてクッションにおふろマットを載せて、
ペットシーツを貼り止めてそこをルルの場所にしているのですが、
リードを持って「お外に行こう♪」と誘っても出たがりません。
その場所が一番落ち着くみたいです。


そして、今週の火曜からオムツ犬になりました。
それからたった3日目、木曜の夜に立てなくなりました。
すぐに病院に行って注射や座薬の処置をしてもらい、(熱も39度以上もありました)
一晩経ったら元気になれるかな?と願ったのですが、
どんどん悪くなる一方で。
金曜は前夜食べさせたフードを少し吐いており、食欲は無し。
病気がわかってからものすごい水を欲しがっていたにもかかわらず、
水さえも欲しがらないので、また病院に連れて行きました。
右の両足がマヒしていて、支えられてやっと立っていられる!?という状況です。
急激に悪くなる一方のようです。
今週の月曜と金曜とでは全然違います。5日しか経ってないのに。
オムツをつけられることに激しく抵抗して歯を剥いて噛みついて凄かったのが、
今日はもう「ウー」ともうならず、なされるがままです。


ということで、私は急に犬の介護生活に突入しました。
病気が治る見込みが無いので(子宮の悪性腫瘍で既に転移しています)、
オムツや介護になることは予想していたのですが、
私の想像を遥かに超えて目まぐるしく事態が動いていて、
初めての介護犬のお世話にあたふた悪戦苦闘しています。


くしくも来週月曜からは娘が修学旅行に行くので私一人になります。
オムツ犬になってから、娘も早起きをしておむつ交換
の作業を協力してくれていました。夜もね。
ルルは体重が10kg以上でお世話はなかなか大変で、
二人で手分けをするととてもスムーズにできるのです。
それが足が立たなくなり、私一人でどうするの…!?と一時は思いました。


が、ルルが寝たきりになってなされるがままになると
私一人でも作業がしやすくなりました。
また、私もいろいろとお世話の仕方を考えたり、ネットで調べたり、
いろいろしてみると少し慣れてきたようです。
昨夜はルルの毛づくろい?(笑)を夜中の3時までしてしまいました。^^;
ルルはそれが気持ち良いみたいで、人間みたいな寝息を立てて眠ります。*^^*
ずっとお外犬だったけれど、
家に入るのが好きで隙あらばちゃっかりお邪魔してしまう図々しいルルでした。
こうして傍に一緒に居てあげると嬉しいんだろうな…。
そう思うと毛づくろいの手をやめることができなくて。


今日は土曜日。お仕事も無いので、朝からルルのお世話に専念です。
午前中の時間なんていつのまにか過ぎて行き、
朝ごはんを食べる暇もなかったけれど、
ルルはご飯をよく食べてくれて、水も注射器から飲んでくれて、
そうそう、久し振りに「これぞ、う○ち」というちゃんとしたのもしてくれました!
良かったね~。ルルはえらいなぁ!*^^*
今日も午後から病院に連れて行こうと思っていましたが、
今日は行かなくても良いかな?
毎日病院でルルもお休みしたいよね。


お天気が良く、私は午後からお庭仕事もすることができました。
4月から買い集めていたマーガレットのポット株を花壇に定植したり、
お花の種まきを全部終えました。
(お庭のことも書きたいのだけれど、それはまたこの次に)
これで少しずつ進めてきた春のお庭の作業が完了したので、
やったー!*^^*です。


今日はここまでは良い感じです。
だけれど、これからの毎日がどうなるのか?全くわからない。
仕事と、一日中ルルのお世話に明け暮れているので、
お家のことは後回し状態です。
ブログに向き合える時間も体力も無いと思います。
しばらく更新の無い日が続くかもしれませんが、
頑張っていきますので待っててくださいね。*^^*
あ、でも、やっと遅い春が我が家の庭にもやってきてお花が咲き始めたので、
いつも書きたい書きたい…とは思っているんですよ~。
でも、なかなか時間と体力が残って無くていつも断念です。



今日は久しぶりにまとまった時間の余裕が作れて書けました。良かった。
昨日のチョコブラウニーをカットして、摘んだミントでお茶しながら頂きました。
ルルもスヤスヤ寝ています。*^^*



ちょこぶらうにー1


ご馳走さまでした。
気持ちの良い土曜の午後です。


関連記事

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

2009 / 05 / 16 / 16 : 58 | お菓子教室 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<オヒョウモモが咲いた日 | ホーム | さくさくクッキー>>
コメント


シルフィーさん、お久しぶり。
あまり更新されていなかったし、ルルちゃんの調子が悪いのも、以前お話されてたから、気になってました。
かなり具合が悪そうで、ルルちゃんはもちろん、シルフィーさんも介護が大変そうですね。
私も犬を飼っているので、「いつかは」といつも思ってます。
辛いけど、動物を飼うと決めたら、避けては通れないですもんね。
うちの犬も12kgくらいあるから、きっと動かなくなったら大変だろうなぁ、と思いました。
犬は群れで生きる動物だから、外で一人は寂しいですよね。
きっといまルルちゃんは辛いけど、最高に幸せを感じているかもしれませんよ。
シルフィーさんも介護で疲れるかもしれないけど、後悔しないよう、ルルちゃんとの時間を大事にしてくださいね。
排泄も少しうまくいったようだし、このまままた、少しでも元気になって、1日でも長く過ごせるように祈ってます。
シルフィーさんも無理して体調崩さないように・・・難しいですけど。
by: non * 2009/05/16 21:36 * URL [ 編集] | page top↑


おはようございます。

更新もされておらず、コメントへのレスもされてないので、
きっと、お忙しいんだろうと思い、
のぞいてはいましたが、お忙しい思いをさせては、悪いと思って、
コメントせずに帰っていました。
ごめんなさいね。

そっか・・・・
ルルちゃん、悪いのですね。
私もわんこを飼っているので、いつかはって覚悟をしています。
先日も、近所のお友達のわんこが亡くなりました。
わんこが亡くなってからのお友達の元気のなかったこと・・・
人事とは思えませんでした。

ルルちゃん、しんどいけれど、
シルフィーさんに看護されて、嬉しいでしょうね。

シルフィーさん、大変でしょうが、頑張ってくださいね。

ごめんね。
こういうとき、どういうふうに書けばいいのか、言葉が見つからなくて・・・・
ただ、少しでも、一日でも長く生きて欲しいなっておもうし、
また、元気になってほしいっておもうし・・
シルフィさんは大変だろうなって、体壊さないでほしいなって・・・・

うまく表現できなくてすみません。

なんか、涙でてきちゃった・・・
ルルちゃん、やっぱり、元気になってほしいです。
by: mari * 2009/05/17 06:52 * URL [ 編集] | page top↑
★美味しくいただいてます

シルフィさん特製イチゴジャム、とても美味しいです。なるほどという感じで…市販品に例えると軽井沢のジャムのようで上品で飽きない食の進むお味で感動しました。

ルルさん、クッキー、イチゴジャム…シルフィさんのお宅で沢山の元気の素をいただき感謝しております。

私達は互いにペットロスで、家で介護して看取った者と遠方で事故の知らせを受けた者、状況は違いますがお友達の家のわん達やホームセンターのペットコーナーには思わず笑顔にさせられ、「うちの子」の話になるのです。悲しい話じゃなく楽しい話で。

だからルルさんにはとっても感謝しています。

つい二週間前に元気に迎えてくれたルルさん、根性と自律心とちょっと脳天気でさりげなく他人思いな感じがうちのとかぶります。色々な意味でも。

今年は思いがけず5月に伺えて良かったです。

どうか飼い主さんもご自分のペースでお身体を大事にわんのお世話に励まれてください。
by: えもり * 2009/05/18 20:11 * URL [ 編集] | page top↑


辛いですね・・・。
自分の飼っっていた犬たちのことを思い出します。
私はまだ子供でしたから、最後までお世話をして
あげることはできませんでした。
弱っていく様子を目の当たりにするのはとっても
辛いことだけど、今まで楽しい時間をくれたことへの
感謝の気持ちをたくさん注いであげたいですね。
とっても大変な日々だと思いますが、
とっても意義のある大切な時間をお過ごしくださいね。
無理はなさらないように。
by: woodsm * 2009/05/20 17:34 * URL [ 編集] | page top↑
★non さんへ

お返事が遅くなってしまいました。<(_ _)>

突然の初めての犬の介護…私に出来ることは限られていたし、
オムツをつける所が患部なだけに激痛で可哀想で、
私も上手く出来る時とバランスがうまく取れない時があったりして、
ルルに痛い思いをさせてしまうことも何度もあって、不慣れで大変でした。
体力や時間的なこと、経済的なことも、
やはり長期化すると重くのしかかることだと思います。
自分も仕事をしているとか、お世話できる人が自分だけとかでも大変…。
ルルは最後は10キロ前後だったからまだ私が抱えてお世話することもできたけど、
大型犬なんてとても大変だろうなぁと思います。
飼い主はよくよく先々のことも考えて、
飼うということをわきまえておかなければいけないと痛感しました。
こんなに早くに逝ってしまうなんて思っていなかったから、
まだまだお世話してあげたいという思いの方が強かったけど。

最後、リビングにお引っ越ししてみると思いの外お世話しやすくて良かったの。
いつでもルルが見れて楽だし安心だし、私にとっても負担が軽くて、
不思議とまったりした時間が流れていました。
ほんのわずかな時間だったけど、ルルにも良かったのかな?と思っています。

ルルは体臭はあるし、毛は長いしモコモコいっぱい生えてて良く抜けるし、
毛変わりの時は羊の毛刈りみたいだから、とても家では飼えない!と思っていたけど、
(夫が動物アレルギーでもあるし)
最後はもうどんな臭いも気にならなくなって、香しくさえなりました。^^;
そういうものなんだなと思いました。

確かに、20年とか17年・18年なんてワンちゃんも良くいて、
ルルはそれからすると早過ぎだし、最後の時間も短すぎでしたね。涙
でも、前に進もうと思います。
nonさん、気に掛けてくれてありがとう。。
nonさんが久々に更新されていたのも嬉しかったです♪(≧∇≦)
どうぞ、ポメロちゃん共々元気で楽しい毎日を過ごして下さいね!


by: シルフィー * 2009/05/27 00:41 * URL [ 編集] | page top↑
★mari さんへ

お返事が遅くなりました。<(_ _)>

ワンちゃんを飼っていらっしゃると他人事じゃなくて、
余計に心配を掛けてしまったり、想いが深くなると思うので、
mari さんにもいろいろと気を使わせてしまいましたね。
どうもありがとう。。ありがとう。。

わずか1週間しかなかったので、とても短い時間だったけれど、
私がお世話させてもらって、思い出もいっぱいもらいました。
↑のnonさんへも書いたのだけれど、何分初めてのことで、
私もよく出来なかったと思うのだけれど。(泣)
オムツを交換する時に体の向きを変えるのだけれど、
私が下手だと悲鳴を上げ、上手に出来てゆっくり静かに下ろせると、
ルルも深いため息…安堵というかヤレヤレ…というか、「ふぅー」と息をつくの。
ルルにも負担の大きいことだったと思います。
患部だけに思うようなケアが難しくて、可哀想でした。
ルルも体が利かなくなったこと、自分でも不本意だったと思います。
でも、最後の方は本当に可愛い目をして私を見ていて。
それがとても印象的です。
今は段々と「ありがとう」という気持ちも大きくなってきました。
お空で元気に駆け回っていると信じています。*^^*

by: シルフィー * 2009/05/27 00:55 * URL [ 編集] | page top↑
★えもりさんへ

お返事が遅くなりました。。<(_ _)>

連休に来て下さって本当に良かったです。
私も嬉しかったし、ルルも同じだと思います。*^^*
ルルは元気なころの元気さは無くなっていたけれど、
会えて嬉しかったと思いますよ。

実家で長年飼っていたハッチという犬は、
自分の最期を悟って自分から身を隠してそれきりになりました。
7月の末のことで、その年の夏休み、私は茨城に行かなかったんです。
後で行っていれば…と後悔しました。
せめて最後に一度でもお散歩をして頭を撫で撫でしてあげたかったですね。
ルルは今回会いに来てもらえて嬉しかったと思います。
本当にありがとうございました。*^^*

ジャムは…苺とグラニュー糖とレモンだけのものだから、
何も特別な味ではないのだけれど、
お口にあって何よりでした。ホッとしました。笑
もうこれからはどんどん季節の果物が出てくるので、
それぞれの果物で作るのもまた楽しいです。
良かったらいろいろ試してみてください。

そのうち、私も「うちの子」話に参加して楽しいおしゃべりをしたいです。*^^*
またぜひどうぞ~。
by: シルフィー * 2009/05/27 01:07 * URL [ 編集] | page top↑
★woodsmさんへ

お返事が遅くなりました。<(_ _)>

woodsmさんから頂いた時は、残念ながら天国へ逝った後のことでした…。
皆さんの願いが届いて欲しかったですが、ルルも精一杯だったのですね。
辛い思いや無念さがあったろうと思います。
元気なころの自分の体ではなくなってしまって、とても不本意だったと思います。
飼い主としてはもっと…してあげていれば、というような思いがどうしてもぬぐえません。
子どもの頃からいろんな生き物を飼ったので、
居なくなったり命が亡くなったり…お別れはそれぞれにありました。
でも、やはり子どもの頃と今とでは飼い主としても違いがあって、
責任感を強く感じるので、複雑な思いです。
でも、貴重なことも良かったこともあります。
その思い出を大事にしていこうと思っています。
woodsmさん、ありがとうございました。
by: シルフィー * 2009/05/27 01:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1017-c3acb25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。