スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
6月のお菓子教室 ~シュークリーム
2009 / 06 / 14 ( Sun )
しゅーくりーむ2


シュークリーム


今月のお菓子教室は、シュークリーム。
金曜日に行って来て、
「ブログにアップすることがあった気がするんだけど…何だったっけ?」
とすっかり忘れていました。^^;



しゅーくりーむ3


カスタードクリーム、チョコカスタードクリーム、生クリーム
と3つの味のクリームで仕上げました。
作業は4~5人で共同なので、ちょっと疲れました。
シュークリームは、「上手く膨らんでくれない」ものらしいけど、そうかな?
私は2度しか焼いたことが無いけど、ちゃんと膨らんだので、
手強いとは全然思わないのだけれど、そうらしいです。
シュー生地の絞り出し方を教わったのが有意義でした。
でもね、霧吹きをしてからオーブンに入れるのに
すっかり忘れちゃって!汗
それでも全く問題無く焼けました。
…( ̄  ̄;)うーん 良いのか悪いのか…微妙ですね。^^;



しゅーくりーむ4


キノコみたいになっちゃったけど、苺を飾るとやっぱり可愛い♪
ちょっと食べにくいけど。
中は、カスタードと生クリームのダブルを詰めています。
不格好なのはね、家に持ち帰る間に横倒しになっていたの…^^;



しゅーくりーむ1


週末夫が車で帰宅してきました。
なので、戻る際にクーラーバッグに冷凍庫の筋子やらイクラやら鮭やらを
ぜーんぶ持ってってもらって、久々に冷凍庫がすっきり!
これでアイスクリーマーを入れられるぞっ!と。
自家製アイスとシューを焼いて、シューアイスも作れます♪
カスタードはあまり好きでも無いので、シューアイスを作る方が楽しみかな。
今度やろうやろう!*^^*


6月のシュークリームでした。


北海道も梅雨のようにずっと雨ふりが続いています。
もう雨はいいよぉー。(涙)
今週は晴れてほしいです。


関連記事

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

2009 / 06 / 14 / 23 : 04 | お菓子教室 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<トマトとベーコンのパスタ | ホーム | 蒸し器が無い時の お鍋で作る蒸しパン講座>>
コメント


ああー。なんだかおいしそうなシュークリーム。。。
うちのだんなさんの大好物なんですが、
あいにくワタシはシュークリームが大の苦手。
ずいぶん前ですが、だんなさんが、
意気揚々と、「シュークリームを焼く!!」というので
おまかせしたら、ぺっしゃんこの甘食みたいな形のが
できあがって困っちゃいましたよ。(笑)
急遽ワタシがシューを作り直したのですが、
なんせ、1、2回作ったことがあっただけだったのに、
しょんぼりしてるだんなさんを元気づけようと、
手早く作ったら、やはりいまいちな出来で。。。(涙)

お菓子作りはまず、落ち着いて行程を頭にいれてからやらないとだめだなーと実感しました。
自分は苦手だけど、シュークリームが綺麗に膨らんでる姿(?)が大好きなので、またチャレンジする予定ですが、
なかなか行動には移せてません。
。。。。がんばってみよー。
by: gumaco * 2009/06/16 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
★gumacoさんへ

こんにちは♪

gumacoさんはシュークリームのどこが苦手なの?
私は中のクリームが今一つ好きじゃなくて。
カスタードも生クリームも、ケーキのバタークリームも…
要するに洋菓子物のクリームものそのものがあまり好きじゃないみたい。苦笑
好きでも無いけど食べられるので、少量とか、たまになら問題無いんだけどね。
うちも夫がシュークリームが好き。それもカスタードのだけ。
生クリームも入ったダブルクリームは邪道だそうです。笑
パイシューとか、皮のしっかりした硬めのシューもダメ。
懐かしい柔らかシューが夫の言うシュークリームです。
ま、今度上手になって作ってあげよう♪

私、過去に2度しか作って無いけど、
(1回目は遥か遠い昔、高校生で、しかもオーブントースターで焼きました。)
失敗無かったんですよね。
膨らまないとか、オープンの扉を開けた途端しぼんじゃうという話が
多いらしいのだけれど、ピンときません。

一度オーブンに入れたら決して扉を開けないこと!
加熱時間が終わってもまだ焼き色が不足している時は、
しばらくそのままオーブンに入れておくと良いそうですよ~。
外側は硬く焼けていても中はねちょっとしているので、
すぐに出してしまうとしぼんじゃうらしいです。
生地を作っている時も先生からコツがあったと思うんだけど…^^;
しいて言えば、生地作りの最後に卵を加えて練る前の加熱の時に、
「生地にちゃんと火を通す」ことかな。
火加減が強いと火が通る前に焦げてしまうし、
そこでちゃんと火が通っていないと小麦粉が生のままになってしまうそうです。
絞り出す時は、口金を生地の中に入れつつ、
最後は高さを出すために少し浮かせながら平板にならないように…とか。

私も、作る時は時間と材料と気持ちが整ってないとダメ。笑
焦って作ったり余裕が無いとモロに結果に出てしまいます。^^;
シュー生地はお料理にも変換できるので、
もし綺麗に膨らまなかったら別物に利用しちゃって、
シュークリームの練習と思って何度かやってみると良いですよ♪
by: シルフィー * 2009/06/17 14:03 * URL [ 編集] | page top↑
★レシピ

分量通り
手順、加減、速さ

これらが一番難しいように思います。

以前母と焼いたパウンドケーキや整備の仕事でも
頭では分かっても要領を得ない分
使うべきものが容器に余分に残ったり
時間がかかりすぎて余分に変化させたり
微妙な仕上がりにしてしまうことがありましたっけ…。

なんだか
レシピ通りが
一番大切で一番難しいように思います。

先日の蒸しパンもですが。

以前よく我が家のおやつに登場した時期があり

母がやるとふっくらパックリ

なのですが

母監修で私がやったらふっくらまでで止まってしまい…

お友達のお家ではがんずきみたいな堅モチ蒸しパン(蒸しパンの型に入っていて蒸しパンだとおっしゃる物でそこの子は普通に食べていた)をいただいたことがあります。
他にも母のレシピで作ってパックリまで行かないとかその時によっては膨らまない人とちゃんと美味しくできた人もいましたし。

今思えば上記はそれぞれ手際と計量(レシピ?)に問題があるのかなと思いますが
練習量や性格なのかも(・_・;)
と思ったりもしています。

膨らませる食べ物って奥が深いですね。

シルフィーさん流のコツや絶対があったら教えてくださいm(_ _)m
by: えもり * 2009/06/18 17:42 * URL [ 編集] | page top↑
★えもりさんへ

こんにちは!

レシピ通り…。
そう、これが難しいのです。
レシピを起して出す側の意図したものと、
それを見て作る側の捉え方が必ずしも同じじゃないのですよね。
中には、最初から「私はいつも目分量で計量なんかしてません」
と仰る方も少なくない。
レシピを参考にはしても、自分の好きに作る人は多いと思います。
それ自体は別に普通のことと思います。
ただ、思い通りにいかないと「レシピ通りに作ったのに」とか、
「このレシピおかしい」と思われるのが(;´д`)トホホ…ですが。

お菓子教室に参加していると面白いです。
先生が必ず一度デモをして目の前で作って見せてくれます。
予め頂いているレシピに各自がメモを入れつつ見ています。
その後各自作り始めるのだけれど、同じレシピをもらい、
同じ説明を見聞きしても、いざやり始めるとものすごく個人差があります。
先生の説明を聞いていたの!?という質問を真顔で聞く人。
レシピに手順があってもこんがらがって間違う人。
それをシビアに指摘して、ダーッ!と一言で流れを言ってのける人まで。(笑)
人の脳の働き(スピード)や性格、それまでの自己経験の量や質
などによって、実に様々です。

娘がキッチンに立っていると、「私ならこうするのに…」と思うことがいつもです。
でも、それを娘に言っても同じにはできないし、まずしない。
人ってそういうものですよね。
結構頑固。人の言う通りにはしないし、できない。
だから、いくら簡単な蒸しパンでも、なぜか違いが出ます。
娘も上手に作るけれど、私が作る時より目が詰まった感じなの。
私が作るとふっくらまるい山で、娘のは富士山のようなまっすぐな斜面の山。
娘も分かっていると思うので、あまり言わないことにしているけどね。(笑)

そして、基本的なことを押さえている人と、全く知らない人とでは、
計量一つでも違いがあるのでしょうね。
だって、小さじや大さじは「すりきり」が当たり前だけれど、
すりきりを知らなければ適当に軽く山盛りでする人もいるかもしれない。
基本を押さえている人は、たとえ目分量でもちゃんとできるし、
もしレシピに不審な点があれば自分で直します。

そして、「手際」。
特にお菓子作りでモタモタは致命的になったりしますよね。
丁寧慎重な作業が必要な時、大胆でスピードが勝負の時があって、
大事なポイントで運命が分かれてしまう。
それには、やはり何度も作って体で覚えていくことみたいです。
でも、大抵の人はそこまでやらずにやめてしまうからなかなか上達しないのだと思います。
上手な方は、元々筋が良い・センスがあるだけでなく、
自分の出来に自己満足を簡単にしないで、
そこをクリアーして思い通りの物を作るまでこだわる!
という点がやはり違うのではないかしら。。
と、皆さんや、先生を通して思います。

ボウルや鍋などは材料の量に合った物、
ヘラや泡立て器などは自分の手に合ったサイズの物、
そういう道具類も大切で、作業のし易さに関わってきます。
レシピを熟読し流れを頭に入れ、材料を事前に全部きちんと計量して揃え、
手際よく作れるように…ですね。
お菓子作りは実に奥が深いです。(笑)

ま、日々精進するようがんばりましょう♪
by: シルフィー * 2009/06/18 19:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1027-cdf19a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。