スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
おべんとう第5集
2009 / 10 / 18 ( Sun )
おべんとう5


おべんとう 第5集


10月も後半になりました。
最近、夜になるととても冷え込んで寒さを感じます。
10月ってこんなに寒かったかな?と。
北海道では冬支度の備えが気になるところです。
少しでも暖かいうちに、外回りの仕事は片づけておきたいものです。
が、前に記事にした遅咲きのコスモスが今が全盛期。
当初はとっくに花が終わり、コスモスを引っこ抜いて
スズランをそこへ移植するつもりでしたが、
コスモスはまだ引っこ抜けず…。
この秋のスズランの移植は中止しかないかなー。


娘の自炊生活は続いています。
と言っても、4月から見るとちゃんとやってませんね。^^;
前渡しのお金で足らせる!宣言の元始めましたが、
お金も残り少なくなって来たようで、
終日塾へ行く休日は自分でお米を研ぎ、ご飯を炊いて
おにぎりを持参するようになってきました。(笑)



さてさて、昨日今日とネットショッピングの注文品が届いています。
どちらも美容の為の物。^^;
その一つが、



せっけん1


美人ぬか と 無添加せっけん


mari さんに頂いた美人ぬかが終わりに近づき、
継続使用と決めて初購入しました。
ヨガ友にも声を掛けたら彼女も使ってみることになり、全部で5個。
私は3個です。これで当面3ヶ月は注文しないで良いでしょう。
皮膚科で「きれいになりましたよ」と言われたのは、
美人ぬかのおかげかもしれません。(o ̄ー ̄o) ムフフ



せっけん2


それと、あちこちで評判の良い無添加せっけんを2種類。
試しに両方使ってみることにしました。
洗顔は美人ぬかがあるから、こちらはボディ用です。
私は元々石鹸派です。
ボディソープではなんとなく満足しないんです。
この石鹸を使うのが楽しみだわ♪


今夜は、またバレエの夕べをしてきました。
いろいろなバレエ教室の合同公演です。
やっぱり、バレエを踊る美しさって、プロポーションが必要不可欠ね。
たとえ上手だとしてもバレエにふさわしい体形でないと美しくならないの。
私も少し控えないとな!( ̄▽ ̄:)



関連記事

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

2009 / 10 / 18 / 23 : 53 | お弁当 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ヤミーさんレシピ ~鶏肉のカリッとおいしい、竜田揚げ風 | ホーム | 生落花生の塩茹で>>
コメント


おはよう!

新しいパソコンからです。
液晶画面だからか、めちゃ、綺麗にみえる!(笑)
テンプレのもみじがこんなだったっけ?てなくらい(笑)

娘さんの自炊、続いてるんだ。
えらいね。

美人ぬかがお肌にあったみたいでよかったです。
皮膚科の先生にも綺麗になってきましたっていわれて、よかったね。
すすめた私もほっとしました。

私も石鹸派。
ボディソープってなんか、洗い上がりがすきじゃない。
無添加石鹸いいらしいね。
私はまだつかったことがないんだけれど。
シルフィーさんがいいっていったら、使ってみようかな?(笑)

by: mari * 2009/10/19 09:00 * URL [ 編集] | page top↑
★mariさんへ

こんにちは♪
さっきチラッと見て来たよ、新しいパソコン。
心機一転また励めるね☆*^^*

でも、3年前の機種の時は液晶じゃなかったの?
うちのはもう2年目?3年目?だけど、液晶だよ。
確かに、他所の以前の機種の画面を見る時、
私もはっきりと画質の差は感じる。
今は綺麗だよね♪

顔ね、自分では全然変わり映えしてないと思うんだけど。^^;
皮膚科の先生、いちいち患者の顔のことまで覚えてるかな!?って思うんだけど。
でもま、最初から「長ーい目で続けること」というお話で始めていることだからね、
今はまだ効果が感じられなくても続けます!
お薬で身体の中から、美白効果の美容液と美人ぬかでも
トリプルでケアしてるんだもん、複合だから効果的かもしれないよね!

石鹸は、目に見えて汚れが取れたってわかるし、
余計な物が無くてさっぱりするところがいいよね。
ボディソープじゃ垢がどれだけ取れたのかわかんないし、
香料は要らないからあんまり好きじゃないの。
mari さんと一緒かな!
サイトによってレビューの内容がいろいろで、
どっちが本当にいいのかわからないから両方頼んでみました。
これもお友達とまとめて。
使い心地、報告しますね!
by: シルフィー * 2009/10/19 14:42 * URL [ 編集] | page top↑
★こんにちは

ちょくちょく拝見させていただいていて、コメントしたかったんですけどなんだかバタバタしていて・・・
コメントの時期がずれてしまってすみません(汗)

ちょっと前になっちゃいますが、いくらの醤油漬けすっごく美味しそうです。
私醤油漬け大好物なんですよ~。私に似たのか娘も大好きで。
そちらに住んでいた祖父が健在の頃は、筋子入りの新鮮な鮭?を見立てておくってくれていました。
母が、入っていた筋子をお湯をかけてほぐして醤油漬けにしてくれて。ちょっとお酒が強めなんですけど母の実家のある福島の美味しいお酒で漬けてあってそれがとっても大好きでした。本当は筋子が入っている鮭は、鮭の方はそれほど美味しくないそうなんですけど、毎朝いただくのには充分でした。
もう祖父も母も居ないんで、幻の味です~。
こちらの筋子はなんだか新鮮でないような感じで、それに保たせる為か塩漬けが多く、塩漬けは浸透圧?で卵が小さく感じてしまってなんだか好みじゃないんです・・・

お母様がおくってくださった落花生も美味しそうです~。
食べ出すととまらなくなるのわかります(笑)
千葉に行ったときに落花生が畑にあるのをみたんですけど、つるが地面をはっていて、そのつるから茎が土中に伸びて実をならせていて、土の中に落花生があるんですよねぇ~。想像している実の生り方と違っていてなんだか新鮮でした。

それから、こちらの記事の石鹸、どちらも使ったことあります♪
個人差あると思いますが私の場合、松山のは年中使っても大丈夫なかんじなんですが、白雪の詩のほうは冬場はどうも油分をとりすぎる感じで夏場にさっぱりと使うのにおすすめって感じがします。9月の上旬くらいまで使っていました。
それと、白雪の詩は大きいのと溶けやすいのとで、包丁などで半分に切ってから使うと手にも持ちやすくいいかんじでした。小さくなったかけらは娘の上履きを洗うときに使っていて、とてもよく汚れが落ちます!
美人ぬかはドラッグストアでみかけるけど使ったことないので、今度使ってみたいです♪


コメントのお返事にあったお嬢様の抜糸のお話・・・私は盲腸の時と出産の時と2度抜糸していますが、くいこまなくてもちょーー痛かったんで、くいこんだらどんだけ痛いかと思います。ましてお若いから回復も早くお肉や皮の再生が速いことを考えるとやはり早めがいいように思います。
お嬢様なりにいろんな理由がおありと思いますが、親が言うとダメっていう部分もあったり?するかもしれないので、どなたか体験者が身近にいらっしゃってお話をきかせてくださると違うとか・・・お祖母様にお話をお願いするとか。傷が残らないようにと願うばかりです・・・
by: うっかりペネロペ * 2009/10/19 16:37 * URL [ 編集] | page top↑
★うっかりペネロペさんへ

こんばんは☆

塩漬けされた筋子だと、鮮やかなオレンジ色~つまりイクラの色になっているのでは?
こちらの生筋子は一切塩は入っていないので、薄く白っぽいオレンジ色です。
味付けをするから鮮やかな色になるわけです。
もう塩分が入っている物は別物なので、醤油漬けにする為のではなく、
そのまま食用なのでしょうね。
やはり東京辺りではこちらのようには買えないのですね。残念…。
でも、茨城の母の所では売っていると言うから、
関東でもある所にはあるんですね。

あ、生筋子が腹に入っていた秋サケは、やはり味は落ちますね。
春の時鮭と同じ鮭なのに脂のノリが大違いで硬いのです。
だから、こちらではあまり好まれません。
特に夫は見向きもしない…^^;。
産卵のために川に溯上した鮭の卵はイクラ状になっているのだけれど、
身はもう一番お終いのほっちゃれになっているわけで、
(北海道では、産卵を終え命が尽きる、尽きようとしている鮭を「ほっちゃれ」…と言います)
まだ溯上前の海中で水揚げしたものを「秋サケ」として出荷するわけですが、どうしたって身は硬く脂が無く、美味しさは乏しいですね。
お歳暮や暮れに「新巻鮭」と言って塩漬けの鮭にもされていますが、
やっぱり春の時鮭から比べたら全然だと思ってしまいます。
こちらにいると贅沢なんでしょうか。^^;

落花生の株…そう、母が育てたのがネロペさんの説明の通りだそうです。
でも、ご近所さんは全然様子が違ったそうで、品種が違うとまた違うそうですよ。

石鹸情報、有難うございます!
なるほど、あらかじめカットして使いますね。
確かに大きいし、溶けやすいと知っていると扱いも違うので助かります。

抜糸はね…どんなに痛くっても本人は自分がそうするって言ったんだから
「いいんだ!」でしょうね。
とにかく強情だし、一度そっくり返ったら自分が失敗したと気付いても
ますますそっくり却って突っぱねる気性なので、どうしようもありません。汗
痕が残ってもいいんですって。(疲)
痛い思いでも何でも受け入れるのでしょう。諦めました。
ペネロペさんのお気持ち、有難く思います。<(_ _)>
by: シルフィー * 2009/10/19 18:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1112-08372ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。