スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
紅玉のりんご煮
2009 / 11 / 22 ( Sun )
こうぎょくのりんごに12


紅玉のジェリー


お菓子教室の先生から、「注文の青森からの紅玉が届きましたよ。」
という連絡を頂きました。
無農薬の紅玉を3㎏頼んでいたのです。
紅玉は早く加工しないとボケる?そうなので、寒い玄関に保存して
この連休で加工してしまおうという作戦です。



こうぎょく1


届いた紅玉。
大きいのから小さいのまで不揃い。しかも、



こうぎょく2


こんな傷んでいるものも。さすが、無農薬ですね。
先生のお話では、最初に届いた時は良い紅玉だったけど、
そのあと台風18号の影響で2度目に届いた時はかなり捨てるものもあったそう。
今回は3度目の注文で、ぶって茶色くなったところのあるものもありました。
3㎏で750円…お安いのも当然かな。
多少傷んではいても、加工に思いきり使えるのが良いです。


まずは、お菓子教室で作った 紅玉のアップルパイ の中身のりんご煮を作ります。
続きをどうぞ~。




紅玉2㎏をりんご煮にします。
これでアップルパイの4回分になります。



こうぎょくのりんごに1


紅玉を洗っていちょう切りにし、グラニュー糖をよくまぶして一晩おきます。
2㎏でお鍋一杯になりました。



こうぎょくのりんごに2


翌日です。
グラニュー糖が溶け、りんごから水分が出ていますよ。
幾分、かさも減りました。



こうぎょくのりんごに3


ほら、こんな具合にたっぷりと。*^^*
さあ、煮ていきますよ~。



こうぎょくのりんごに4


レモン汁を加え、クローブをお茶のパックに入れて一緒に煮ます。
レモンを加えることで紅い色出しの作用もあります。
最初は強火。
水分が出てきたら中火に落します。
りんごがまだ硬いうちに、天地を返しておきます。



こうぎょくのりんごに5


りんごが軟らかくなってきたらシナモンとナツメグを加えます。
透き通るようになるまで煮ます。



こうぎょくのりんごに6


この辺かな?火を止めます。



こうぎょくのりんごに7


ザルにあけて、汁を自然に落します。



こうぎょくのりんごに8


汁を鍋に戻して水分を煮詰めていきます。
天然のペクチンでできる紅玉のジェリーになっていきますよ♪



こうぎょくのりんごに9


少し強火で、煮詰めすぎないように注意して。
適度なジェリーを通り越すと、飴になってしまうんですって。



こうぎょくのりんごに10


煮詰まって色も濃くなり、
ふちにはトロッとした物が付くようになってきたので火を止めました。



こうぎょくのりんごに12


紅玉のジェリーが出来ました♪


1/3程を保存瓶に入れました。
これは、アップルパイを作る時の、最後のテリツヤ仕上げに使うためです。
とても綺麗な色でしょう!



こうぎょくのりんごに11


残りのジェリーは冷まし、そこへザルにあけていたりんごを戻してまぶします。
ちょっと柔らかめ?の仕上がりになったみたいだけど、何とかできました。
これで紅玉のりんご煮に出来上がりです♪




こうぎょくのりんごに13


紅玉のりんご煮の出来上がり!


できたりんご煮をカップ2ずつ(約400gずつ)に分けます。
丁度4袋になりました。
これを寒い玄関でよく冷やしてから、冷凍庫で保存します。
アップルパイを作る時は、1袋ずつ使い、凍ったまま使えるんです♪



長くなったので、今日の所はここまでにしましょうか。
紅玉のりんごジャムはまた別記事で書きますね。



関連記事

テーマ:ジャム・コンポート・シロップ・ソース(季節の果物で) - ジャンル:グルメ

2009 / 11 / 22 / 23 : 27 | ジャム・コンポート・シロップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<紅玉のジャム | ホーム | ヤミーさんレシピ ~ボウルひとつで帆立グラタン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1129-1115019a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。