かじかの子
2009 / 12 / 06 ( Sun )
かじかのこ


かじかの子


今日、裏のスーパーで見つけました。
それも1パックだけ、の「かじかの子」。
北海道では「鍋こわし」と言われるほど、鍋にするとおいしいお魚、かじか。
前に、カジカ鍋用のパック は買ったことがあったんだけど、
かじかの子丸ごとっていうのはお初だと思う!
へぇ…こんなに綺麗な色なのかとちょっと意外です。
かじかって、かなりグロテスクな姿なの~。
400g以上でたっぷり大きいのに300円ちょっとなんてお安いかも。




かじかのこのにつけ1


かじかの子の煮つけ


大きく4つに切って、煮つけました。
これは1/4ずつね。
私は、「真だら子の煮つけ」と同じように煮つけることしか頭に無かったのだけど、
後からちょっと調べたら、かじかの子は「醤油漬け」にするものだったみたい。
全然知らなくて…失敗したかも?^^;



かじかのこのにつけ2


カニみたい。笑
真だらの子より、少し粒が大きめみたいです。
これはこれで美味しいけど、今度見かけたら醤油漬けにしよっと!



今日はこの他に「おでん」でした。
続きに書きます。


やさいびん1


母からの野菜便が届きました


昨夜、届いた野菜便。
新潟の父方の親戚が作ったコシヒカリももらいました。
新潟から来るお米は美味しいんだー。
お返しに、私からは北海道米のエース 「ゆめぴりか」を母に進呈しようと思います。



やさいびん2


立派なターツァイ!



やさいびん3


ゆずキウイぎんなん


こんなにいっぱい何にしよう~。
ぎんなんは私の大好物!!(≧∇≦)
昔は母のお手伝いで、ぎんなんを焼いて皮をむくのが私の仕事だったわ。
ストーブの上で焼くのは手際が大事でコツが要るのよ!笑
懐かしい子どもの頃の思い出です~。



やさいびん4


キウイってこんな風にぶらさがってるんだ…。




やさいびん5


立派な大根りんご、ほおづきも。




はくさい


おっきな 白菜 まで!


こんなにいっぱいもらってどうしましょ。^^;


まずは、立派な大根を頂きましょう~ということで、



おでん


今夜は おでん


具の種類が少なめだけど。
じゃがいもも入っています。*^^*
仕込むのに時間はかかるけど、娘が好きだから、作ると重宝なおでんです。
今日のは少し薄味だったわね。


明日はターツァイでお料理だ!
何にしようかな。(≧m≦)
お母さん、こんなにたっくさん、ありがとう。(≧∇≦)



関連記事

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

2009 / 12 / 06 / 23 : 02 | 北海道 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ミニドッグ | ホーム | 今日は愚痴話です>>
コメント
★NoTitle

テンプレ変えたのね。
黒もいいけれど、これもすっきりとして、また、可愛くて
新鮮でいいよ^^

↓の記事、読んだよ。
普通、ありえない話だけれど、相当に胸にしまっておけないほどだったのね^^;(お義母さんのこと)
でも、世間には、悪気がなく、胸にしまっておけない人がいるのよ~~(笑)
お義母さんも、実の娘である嫁に話をすることではないとわかっているとおもうんだけれど・・・?(笑)
悪気がないのかもしれない。ある意味でね(笑)

ここはもう、実の娘であるシルフィーさんにいうことによって、すっきりしてることでしょう。
シルフィーさんにしたら、心外でありえないことだとおもうけどさ。
聞いて、流してしまいましょう。
それが一番よ。
そして、人のふりみて我がふりなおせ だわよ(笑)
また、反面教師だわよ(笑)
まあ、色々な人がいます(笑)

お疲れ様でした^^;
by: mari * 2009/12/07 13:51 * URL [ 編集] | page top↑
★mariさんへ

こんばんは☆

ありがとう♪
このテンプレは以前から使っていたもので、好きなんです。
この作者さんの他のテンプレも好きなのよ~。

悪気が無い、ね…。苦笑
お歳のせいもあるけど、
自分のこととなるとものすごく被害者意識を強めて思いこんでしまう人で、
そうなるとみんなを振り回してくれるのよね。汗
でも、世の中にはもっとタチの悪い人がいるからね、
そう思うことにするわ。^^;

でも、本当にスッキリしているか?は怪しい所。
だって今回散々言われたけど、酷いのは結婚当初の話もあったよ!
かなり執念深いです。大汗
普段は耳が悪い?というくらいみんなの会話からズレているんだけど、
何か悪い方向になった時には「そんなこと一体いつの話ですか!?」
というような昔の些細なことや人の一言を持ち出して
「あの時、あー言われた」って言い出すから恐ろしい…。^^;

夫は全然そういう人じゃないんだけどね、なんでかな~。
私は、夫をこんな人に育て上げた人として、
母親と言う立場から見て尊敬の念も感じているの。
でも、義母個人の残念なところはどうも尊敬できなくて、それはとても残念で、
またどんなに良くしても虚しく感じてしまうことがあるのが現実ね…。
決して敵対視してなんか見るつもりはなくて、
できれば、尊敬できる目上の人として、義母として向き合いたいものです…。涙
by: シルフィー * 2009/12/07 17:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1137-cef0f7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |