スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新成人、おめでとう!
2010 / 01 / 11 ( Mon )
けーき1


(これは失敗作のケーキなんだけど。^^;)


今日は成人の日。
茨城の兄の息子がめでたく新成人となりました。


北海道と茨城、離れており、実のところ甥とはあまり話す機会も少なかったんです。
また、とても無口な男の子で、もう何を話していいのか困っちゃうのよね。^^;
ところが、この度の成人式を前にお祝を贈ったところ、
本人からのお礼の電話があり、
今までになく明るくさわやかにしゃべったんです!!
今時の若者、という明るいノリで。(笑)
しかも、話題に詰まる私に向こうから何度も話しかけてくるの。


「いやー、叔母と甥なんだから喋るの当たり前でしょ。」と言われそうですが、
本当に無口な子で、両親にもあまり口を利かないと言うし、
母親でも「何を考えているのかわからない」とか言うくらいだし、
最後に会ってからもう2年以上空いているし…久しぶりだし。
私は今時の若者となんて全然接触が無いし、
何を考え、何を話題にしたら良いかわからなくて緊張するくらい。^^;


それに、小さい頃は泣き虫の弱虫でね…。
5歳下のうちの娘(当時3歳くらい?と甥が小学校中学年くらい)とでカルタをしたら、
娘が勝っちゃったりしてね。^^;
男のくせにビェーンと泣いてしまって母と私とで困ってしまったり。苦笑
小学校高学年になっても、学校の授業で思い通りに答えられなかった日に、
天を仰いてもうなりふり構わぬ号泣をして帰ったり…。
畑仕事をしていた母が見ても恥ずかしいほどの様子だったとか。^^;
そんな何とも頼りなーい子が、中学校では陸上部に入り、高校でも陸上部に入り。
父の葬儀や法要などで茨城に行った時が高校生だったのですが、
定期試験が目前だった時は、少しの時間でもあると真剣に勉強している姿があり、
「変わったな。偉いな。」と思ったものでした。


その甥が大学生になり、すっかりさわやかな青年に成長した模様。
身長は父親を軽く超え180㎝以上あるというし、
顔は速水もこみち似です♪ほんと、似ているのよ☆(≧∇≦)
そして、今回の電話の第一声は、父親の声に良く似ているな~と思いました。
顔は似ていないけど、やっぱり兄の子なのね。
兄に伝えると、やはり嬉しそうでした。*^^*


それより何より喜んでいたのは義姉です。
私との電話のやりとりを見て、「こんなに自分から話すなんて初めて!!」
と本当にびっくりしている様子でした。
(以前は、何をあげても自分で「ありがとう」も発しない子だったんです。
私は、親が子ども自身にお礼を言わせたりしないからかと思っていたけど…。)
今まで、無口で何を考えているのか?親でも良く分からない、
男の子なんてさっぱりしててこんなもの…と諦めていたけれど、
大学に入って親元を離れて一人暮らしもするようになって、
先輩と共にボランティア?で児童館で小学生の面倒も見るようになり、
人間的にもずんずん目覚めてきたみたいで。
母も「私にもよく喋るのよ」と喜んでいるのは聞いていたけれど、
もっと馴染みの薄い私にまであんなに自分から喋るなんて、
私も驚いたけど母親である義姉にとっては誠にビックリだったそう。
人と向き合い、自分から人に話しかけるというのは
大人になれば、社会人になれば、当然出来なければならないことだよね。
人並みに振る舞えるようになった姿に感激していたようでした。*^^*


普通、他の子がしていることでも、我が子にとってはなかなかできないこと
苦手なことってあるよね。
一人一人違うから、それがいけない、この子はいけない、って思っちゃいけないの。
でも、時間を掛けてこうやっていつしか自分で殻を脱ぐ時が来て、
蛹から蝶に変身するプログラムはあの子にもしっかりあったのね~。
みんなみんなそれを持ってるんだな、とも思いました。
「親は無くとも子は育つ」って本当かも。^^;
いや、今までの積み重ねですね。


親にしてみるとそんな当たり前のことでもすごくすごく嬉しいものだよね。
私も少しわかります。娘にも同じことが言えるから。
でも、あの弱虫の泣き虫だった甥が、いつのまにかあんなにもさわやかな青年に
変身して行くなんて、誰が想像できたかしら~。
私はかなり心配していたんです。
でも、そんな心配なんて要らなかった!
私にも嬉しい甥の今の姿です。私の心にも励みになるものがあります。
将来の高い目標もあると言うし、とても頼もしく楽しみでもあるの。
もっともっと大きく成長して羽ばたいていくことでしょう!


新成人、おめでとう!




関連記事

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

2010 / 01 / 11 / 00 : 37 | ケーキ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<干しいもを作ろう! | ホーム | 七草粥>>
コメント


甥御さんの成人おめでとうございます!
周りの人が成長していく姿というのはうれしいですよね♪

ケーキ美味しそうです~
七草粥も。

そちらは雪と寒さが大変なようですね。
急にたくさん降ると心配ですね・・・
お身体大丈夫ですか?
by: うっかりペネロペ * 2010/01/15 10:32 * URL [ 編集] | page top↑


甥っ子さん、成人おめでとうございます。
成人式での若者の呆れるような傍若無人ぶりをニュースで見て
あぁ、今年もか・・・・って、惨憺とした気持ちになっていたのですが
甥っ子さんのように頼もしく成長されている姿を見ると嬉しくなりますね。
実は私・・・・最近、息子の事でいろいろ凹んでいたりして
うちは6年生の割にまだまだ幼くて、何考えてるのか分からない・・・
なんて悩みはまだまだ先のことになりそうですが
母親として、ちょっと自信喪失気味だったんです。
勿論、子供はそれぞれ色々あって、親の思い通りになんていくわけないし
それぞれの個性を愛し、それぞれのペースでの成長を見守りたいと
思ってはいても、日常生活の中ではついつい取り越し苦労をしてしまったり
世間一般の基準とか、やっぱり気になってしまったり・・・・・。
でも、シルフィーさんの素敵なお話を伺って、すごく元気が出ました。
本当に有難うございました。
ケーキ、色のコントラストがスタイリッシュでとっても素敵♪
失敗作だ何て、どこが・・・・・???って感じです。
今年も、美味しそうなものいろいろ、楽しみにしています~♪
by: Misha * 2010/01/15 11:18 * URL [ 編集] | page top↑
★うっかりペネロペさんへ

こんばんは☆
ありがとうございます。

身近な中で新成人のお祝いというのは初めてのことでした。
小さい頃を知っているだけに、やはり嬉しいものですね!
今は私が社会に出た頃よりずっと生きにくく大変なご時世です。
甥も今年は大学3年で、就職活動に大変になると思いますが、
どうか力強く進んでいってほしいなと思います。

今日はお菓子教室で2種類を作ってきました。
なのに、昨夜、またスポンジケーキの練習で焼いており、
干しいもも出来上がり…
只今、食べきれない状態でアップアップしています。^^;

今は雪はお休みで晴天続きの毎日です。
本来はそういう地域なのですが、今年は雪の大当たり年なんですね。
そういえば、以前も大雪の年があって、
雪かきでスコップ(強化プラスチック製)が壊れて壊れて、
2~3回も買い直した年があったことを思い出しました。
今回もプラスチック製より強いポリカーボネート製のスコップが割れてしまって、
もう一つ買っておこう…と見に行ったのですが、
プラスチック製のタイプに切り替わっていて、残念でやめました。
大雪の年はスコップが傷みますね~。
幹線道路は乾いているけれど、それ以外の道は氷のわだちになっています。^^;
by: シルフィー * 2010/01/15 22:36 * URL [ 編集] | page top↑
★Mishaさんへ

こんばんは☆
ありがとうございます!

子どもの成長って、幼い頃の様子からは想像もしなかったように
見違えた姿になるものなんだ…と今回のことで実感しました。
ほんとに、小学生の頃までの彼といえば、情けない話ばかりだったんです。
だけれど、彼の中ではちゃんと成長していたのですね。

今朝も、NHKの生活ほっとモーニングの「この人にトキメキっ!」で
俳優の森山未来さんが出ていらっしゃいましたが、
私の感じていたイメージからは想像もしないような、
ちっともじっとしていられなかった幼少時代だったというお話があり、
びっくりしました。
小さい頃はコロコロに太っていたという人が、ものすごくかっこいいイケメン青年になったり、
大きく成長した姿からは想像できない幼い頃の話って良くありますよね。
私も、娘くらいの頃は愛想など無くて、来客があれば
家の中で慌てて右往左往してどこに隠れようか?とそればかり。
ろくな挨拶も出来ない子どもでした。^^;
それからすると、今の子はちゃんと「こんにちは。」「ありがとうございます。」
「よろしくお願いします。」なんて言えて、偉いな!と思います。

Mishaさん家の息子君のお話、以前にお聞きしたことがありましたよね。
6年生くらいでは、男の子はまだまだ子どもっぽいものですよね。
娘が6年の当時、担任の先生も懇談の度にそれを仰っていました。
「女子からすると、男子なんて子どもっぽくてどうしようもない、って感じです。」って。
もうすぐ中学も卒業する今になっても、男の子のお母さんからすると、
「中身はすごく幼い子供」って仰います。
でも、私はみんなとても大人だと思うんですよ。
勿論、まだまだ子どもっぽい所も、思慮が足りなく浅はかなところもあるけれど、
でも、大人が思っているより実はとても大人になっていると思っています。
男の子も女の子も、娘も。
(その娘も、先日の朝、ココアのカップを勢いよく持ち上げた為、
びしゃっ!!と自分の胸に派手にココアがかかり、
ココアしたたるとんでもない姿に茫然としていました…!( ̄▽ ̄:)
慎重性や丁寧さがないからしでかす失敗の数々…おバカです。
まだまだ子どもです。^^;
でも、すごくすごく大人になっているんです。
それは、私、そっくりそのまま認めています。
私なんかより大人な部分もあるようです。^^;)

Mishaさんの息子君もきっとそうですよ!
あっという間に大人になって行くんだと思います。
この子がこんな風になるなんて…と、見違える時がきっとくるのだと思います!
私は以前もそう書かせて頂いたと思うんですが、
あの時よりもっとそうはっきりと思います。
自信を取り戻して下さいね!大丈夫ですよ!
.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル
by: シルフィー * 2010/01/15 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1149-3b397443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。