スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
干しいもを作ろう!
2010 / 01 / 15 ( Fri )
ほしいも


手づくりの干しいもです


茨城県特産(ひたちなか市)の干しいも作りのTVを見て、
なんだか無性に干しいもを作りたくなりました!笑
TVの干しいも農家さんの作り方と、

レシピ

干しいもの作り方

を見て、早速干しいも作り♪



続きでどうぞ~。



ほしいも1


使ったのは、茨城産の紅あずま。
本当は「玉豊 たまゆたか」という品種で作るのだそうです。
こちらでは手に入らないと思うので、紅あずまで、
なるべくコロンとしたものを選びました。
かなり大きいですよ。
そして、蜜が流れ出ているのがわかるでしょう?
さつま芋選びでは欠かせないポイントです!



ほしいも2


蒸し器で蒸します。
30分では足りず、結果的に1時間も要しました。
でも、農家さんでは1~2時間もかけて蒸すとか。
そうすると甘くなるそうです。



ほしいも3


1時間かけてようやく蒸し上がりましたー!
これを熱いうちに



ほしいも4


皮をむきます。
熱対策に、作業用ゴム手の中に軍手もはいているんですよ。
農家さんの女性がそうして熱々のうちに皮をむいていらっしゃるというので。
熱々の湯気が出ているところでするのが大切なのだそうです。
綺麗な濃い黄色で美味しそうですよね!
このまま食べたいのを我慢、我慢です。*^^*



ほしいも5


厚さ1㎝程にカットします。
農家さんでは、専用のカットする道具(ピアノ線)を使っていましたが、
包丁で割れたりしないように丁寧にカット。



ほしいも6


魚干し用のネットを使って2階のベランダで干します。
さつまいも3本で丁度の量でした。



ほしいも7


カラスがいるのでね、しっかりネットの中に入れないとね。
これで晴れが続く日で3日間以上、裏返ししながらじっくり干します。
それが、思ったより簡単に乾燥しないものなんですね。
農家さんは1週間かけての作業だそうです。
無事晴天が続いてくれたので、5日間かけて何とか干しいもの完成です!



ほしいも


手づくり干しいもの完成!


売り物と同じ、というわけにはいきませんが、とりあえず出来ました~。
思った以上に出来上がりまで手間の掛かるものですね。
お高いのもうなづけました。
ゆっくり、じっくり味わって楽しみます!
それと、今度は細いお芋で「丸干し」も作ってみたいです♪


手づくり干しいもでした☆



関連記事

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

2010 / 01 / 15 / 22 : 09 | お菓子その他 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<くるみ饅頭とダリオール・オ・ショコラ | ホーム | 新成人、おめでとう!>>
コメント
★美味しそうですね(*^o^*)

干芋はお高くて
しばらく食べてません・・v-409
『中国産』は食べたくないしi-195

大好きなんですが、最近はもっぱら犬達用にも使えるので
蒸したサツマイモばかり食べています。
札幌でも手に入るようになった『安納芋』も大好きです。

手間隙かかるからお高いんですね。

シルフィーさんの手作りを食べたいなぁe-266
by: chitch * 2010/01/16 09:58 * URL [ 編集] | page top↑
★chitchさんへ

おはようございます!

chitchさんは札幌にお住まいなんだ!同じ北海道でしたか。*^^*
こちらでも安納芋見かけます~。
でも、小さいうえにお高い!
鳴門金時も目が行くし、他にも見慣れないけどお高い品種があって、
目はいくけど「やっぱりやめておこう」と紅あずまで手を打っちゃってます。笑
紅あずまは立派なサイズでも1個98円とか85円で売られているので。
去年は茨城の母がさつま芋作りをやめたんですけど、
「やっぱり寂しいから、来年はまた作るわ。重労働だから量を減らして。」
と言っていたので、今年はまたもらえるかもしれません。
母の作るさつまいもは何故か市販のより甘いんです♪

そして、犬を飼ってらっしゃるんですね。
私はオープンで250℃で50分~1時間で焼き芋にするのが好き!
今、たまたまオープンでの焼き芋の作り方を検索していて、
低温で90分焼くという人と、私のように高温で焼く人といて、
どっちが本当に美味しいのだろう?と思っていました。
250℃で50分というのは私のオープンのレシピ本のやり方なんです。
あと、アルミホイルで包んで焼く人がほとんどみたいだけれど、
そのレシピ本では包まないんです。
今度、自分でいろいろ試して実験してみようかな?笑

干しいも、手間暇が掛かりますね。
天日干しじゃないと美味しくないそうで、だから手作業、
よって値段も高くなるのは当然ですね。
兄嫁の地元が産地なので、美味しい干しいもをもらったこともあります。
商品のようにパッケージされたのではなくて、箱買いを分けた物をもらった、という感じ。
その中の、小さいけど「丸干し」のタイプはねっとり系で柔らかくて特に美味しいんです!
あの仕上げはなかなか無理だろうと思うけど、
今度丁度良いお芋を手に入れたら試してみたいです。*^^*

あ、ひたちなか周辺で作られている干しいもは茨城産の玉豊で農家さん手作りだと思うので、
中国産ではないと思いますよ~。中国産のさつま芋は甘くないのだそうです。
だから、中国ではさつま芋料理がなく、生産の目的は飼料用なんだそうで。
私も買ってまでは食べていないので、実際パッケージを見て確かめたことはないのだけれど。
chitchさんも作ってみてはいかがですか?まとめて作ったら冷凍保存が出来ますよ♪
by: シルフィー * 2010/01/16 10:51 * URL [ 編集] | page top↑


美味しそうです!でも、かなり手間隙かかるんですね・・・

金曜の夜にこちらの記事を拝見して「あー干しいも食べたいなぁ」と思いながら寝たら、
亡き母が「あなたが好きだからね~」とサツマイモをたくさんふかしてくれている夢をみました(笑)
大人になると、自分だけのために誰かが心をかけてくれるってことが少ないので、夢でもなんだか幸せでした~。

小さい頃からさつまいものふかしたのはもちろん、干しいもが大好きで、福島に住むおばが
「何か送ってあげるから、欲しい物はない?」と聞いてくれると、「干しいも」と答え、「欲しいものだよ?」「だから、干しいも!」と欲しい物と干しいもという紛らわしい会話でおばと母を大笑いさせたことがあります(笑)

さつまいもって魅力的ですよね!
by: うっかりペネロペ * 2010/01/18 10:19 * URL [ 編集] | page top↑
★うっかりペネロペさんへ

こんにちは。

お芋、美味しいですよね♪
私はさつま芋、娘はジャガイモの芋おんなです!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

干しいも作りは至ってシンプルで、家庭でも十分できますよ♪
ただ、晴れの日が続くことを見極めてから始めること、
日に何回か裏返して根気良く干すこと、ですね。
ザルでいいですよ。
こっちはカラスに狙われるといけないので、ネットにしました。

だって、庭の木に野鳥が来るのでみかんでも~と、
枝にさしたらものの数分でカラスに完食されるんですもん…涙
冬で食べるものが無いのでカラスも必死なんですよね。^^;
お正月にもシワシワになってしまったりんごを庭に置いたんだけど、
それもご馳走だったようで。
雪かきしていたら、屋根や電柱の上で何だか鳴くので、
「もう食べたでしょう。ミカンもリンゴも無いよー。」と言うと、
私に話しかけるみたいにまたごちょごちょ喋るんですよ。笑

うちの母も、娘に自筆の手紙で「はくさい」のことを書いた時に、
「は くさい」みたいな感じで笑いました~!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

さつま芋はスーパーでいいのがあるとついつい買ってしまいます。
焼き芋はお昼代わりにもなるし♪*^^*
by: シルフィー * 2010/01/18 12:44 * URL [ 編集] | page top↑
★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/06/25 13:34 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1150-c198e8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。