スポンジケーキの練習
2010 / 01 / 17 ( Sun )
すぽんじ15


スポンジケーキの練習をしています。
これは今年になって2回目のもので、15㎝。
成功の方かな?



1回目は失敗でした…。(;´д`)トホホ…
それが、先日のチョコレートケーキ でした。
だから、カットした断面も撮らなかったんです。^^;



すぽんじ18


これがそう。18㎝です。
中央が凹んでいるのがおかしいでしょ。
側面からしてキメが荒いのが一目でわかりました。
3枚にスライスした時もボロボロ感がして、
生クリームと苺のスライスをはさんでチョコレートのグラサージュまでした
デコケーキだというのに、何と悲しいケーキ…という感じでした。
(加えて、やっぱり白い生クリームのケーキは、
私の口には合わないことも改めて感じてしまいました…泣)
生地のキメが荒く、パサ付いたようなざらついたような食感になるのは、
粉の混ぜ方に遠慮をし過ぎて足りなかった時などがあるみたいですね。
それに、まだまだ上手にスポンジが焼けない私には、
18㎝の生地は早いみたいです。


それで、やはりまずは15㎝の生地の練習を重ねること、と確信しました。
何度も何度も作り重ねて、安定したスポンジが焼けるようになってから
18㎝だなぁ…と思います。
それに、18㎝の生地作りでは泡立て器(25㎝のホイッパー)が小さい!
と強く感じたので、大きな物も購入。
33㎝でしたが、30㎝の方が良かったのかな。ま、いいや。
そのホイッパーで15㎝のスポンジを作ったのがトップの画像です。


カットして試食すると、ちょっと目がつんだ感じかな?
もう少しふわふわ感がある方がきっと良いと思います。
でも、18㎝のよりはずっと良い。
何もつけずにスポンジの1/4を味見して(娘も)、
残りも2つにカットして冷凍庫へ。
スポンジを作り置きしておくと、パイなどの焼き菓子に使えるのです。
先生のパイは、必ずスポンジをちぎったものを敷いてから
具を載せる~という作り方なのです。
そうすることによって、フルーツなどの水分を吸収し、
パイ生地がベチャッとしないわけです。
紅玉の煮た物を冷凍してあるし、これでいつでもアップルパイを作れます♪



レシピは

最も一般的な配合の、18㎝でいくと、
全卵3個、薄力粉90g、バター30g のレシピです。


おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上においしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に
(2004/04)
小嶋 ルミ

商品詳細を見る

小嶋ルミさんのこちらの本のスポンジにも手を出してみたいけれど、
まずは基本のスポンジを焼けるようになること。


今年はスポンジケーキを確実に上達させたい。
何度も15㎝のスポンジを練習しようと思っています。


関連記事

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

2010 / 01 / 17 / 17 : 54 | ケーキ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<くるみ饅頭再現 | ホーム | くるみ饅頭とダリオール・オ・ショコラ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1152-c050caaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |