スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お雛様を飾りました
2010 / 02 / 21 ( Sun )
おひなさま1


お雛様


二十四節気・雨水の19日、お雛様を飾りました。
雨水とは、「寒さも峠を越え、雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ。」
お雛様は雨水に飾ると女の子は「良縁に恵まれる」とかで、
近年はこの日に飾ることにしています。
お雛様を飾ると、心地清々しくなります。



おひなさま2


今回は去年のように綺麗に撮ることができませんでしたが。^^;




おひなさま3


美しいお雛様です。*^^*



関連記事

テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

2010 / 02 / 21 / 21 : 23 | ライフ&楽しむ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ホームベーカリー初体験  | ホーム | アイスキャンドルに魅せられて 3>>
コメント


本当に美しく気品のあるお雛様ですね・・・。
去年も確か、雨水の日にお雛様を飾った・・・という記事を読んで
そういう「いわれ」を大切になさるシルフィーさん、素敵だなぁと思ったのを覚えています。

↓のアイスキャンドルも、とっても綺麗。
毎年楽しませていただいていますが、今年はまた、
たくさんの臨場感あるれるお写真!うっとり浸らせていただきました。
私は寒いのが本当に苦手なので、北国の生活に耐える自信はありませんが
このアイスキャンドル、スノーキャンドルの美しさ幽玄さは
「雪国に引っ越したい!」なんて思ってしまうほど魅力的。
しかも、気象条件がそろって初めて実現するとか、
気温や天気によって表情が違うとかってところも素敵ですね。
そして、そんな繊細な季節の楽しみを生活に取り入れるための
労力を惜しまないシルフィーさん・・・・・ホントに素敵♪
by: Misha * 2010/02/26 09:35 * URL [ 編集] | page top↑
★素敵なお雛様

あれあれぇ~
さっきお寿司柄のブログになってましたよね?
もとに戻ってビックリでしたv-12
個人的にはこちらの方が好きですi-236

お雛さまをキチンと飾るお家って素敵ですi-189

私は姉と二人姉妹でしたがザンネンながらお雛様はお家にありませんでした。
だからお雛様のいるお友達のお家がとても羨ましかったです。
でも、お陰様で姉も私も結婚できましたv-398

今となってはお雛様より「桜餅」の方に夢中です。
この季節「さくら」風味のお菓子がたくさん出回ってとっても嬉しいデス。
先日もさくらの葉パウダーを買ってきました。
これで簡単なお菓子を作って食べたいと思いますe-266

by: chitch * 2010/02/27 22:36 * URL [ 編集] | page top↑
★Mishaさんへ

こんにちは♪

毎年変わらない写真になってしまうのですが、
見て下さった方からも「美しいな」と思って頂けるのは嬉しいです!
お雛様も一つ一つみな違って、みなさん好きなお顔とかあると思うのですが、
15年経っても変わらずこのお雛様が素敵と思えることは何よりですよね。*^^*
娘は雛人形自体にさほどの思い入れも無いような無関心な感じですが、
(かと言って、お雛様が無く飾ることもしなければ、それはそれで
自分は大切にされていないかのような気分になるんじゃないかと思われるのですが)
私の方が好きで愛でている感じです。^^;

雨水に飾って啓蟄に仕舞う。
そうしないと良縁に恵まれないとかお嫁に行けないみたいな心配とは無関係なのだけど、
そういういわれを知ってからはできるだけそうしたいな、と思うようになりました。
娘の幸せを願うものですね。

アイスキャンドルも楽しんで見てもらえて嬉しいです!(≧∇≦)
何せ、自分ひとりでせっせと作って、一人でキャンドルを灯して自己満足しているので、
パソコンでもギャラリーが居てくれると嬉しさ倍増です!(≧m≦)

温かい地域で生まれ育った方には、
冬=寒い、雪=寒い、というイメージが先に立つみたいなのですが、
冬には「美しさ」があるんですよ~。
その美しさは他の季節の美しさとは全く別世界の、神秘的な世界というか。
冬の美しさの裏には厳しさが一体になっていることもあるのですが、
寒いとか厳しいというだけでなく、私は冬の世界が大好きで。

それは自然界に限ったことでなくて、家の中でも。
今では考えられませんが、子どもの頃に住んでいた家は、
当時は新築時も子ども部屋には暖房になる設備はひとつも設置されていなくて、
室温がとても寒かったんです。
でも、その部屋で、しかも一番気温が低い早朝とか深夜に奏でてみるピアノが
自分で一番お気に入りの音色だったのです。
(近隣と家が離れていたので、何も気にすることなく好きな時に奏でていました。)
当然、鍵盤は冷たく、指先は寒さで強張ってしまうのですが、
寒い時のピーンとした空気って、何とも言えない質感があって、音の響きも全然違うんです。
クリスタルって言うか透き通っていると言うか、自分だけの世界を感じる…というか。
とにかく他の質感とは格別で、小学生の私でも浸って感じていました。

雪が天から落ちてくるのをいつまでもいつまでも見上げている子どもでした。
見慣れていても、良い大人になった今でも、見入ってしまいます。
一番好きな季節というわけではないのに、こんなにも冬が好きな私です。*^^*
by: シルフィー * 2010/02/28 17:55 * URL [ 編集] | page top↑
★chitchさんへ

こんばんは☆

テンプレート、結局元に戻しちゃいました!(≧m≦)
回転寿司が動いたり面白く、デザインも気に入ったのだけど、
作者さんの好み仕様になっていて、普通はある欄が無かったんです。
でも、追加したい方の為に作者さんのブログにはカスタマイズ法があって、
その通りやってみたのだけれど、不完全なものにしかならなかったんです。
前にもこの方のテンプレで同じことがあって…
やっぱりこの方のテンプレはだめかー!と断念しました。
素敵なだけにちょっと残念。

私も元はお雛様が無かったです。
お人形やぬいぐるみ類は関心の無い女の子だったのだけど、
お着物は好きだったのもあってか、お雛様は別だったみたいで、
小学校3年生くらいになってから、思い切って母に欲しいことを口にしたんですよ。
おねだりなんて考えたことも無かった私にとっては、かなり思った末のお願いだったかもしれません。
決して余裕のある家庭状況じゃなかったし、家も狭い公営住宅だったし。
それだけに母も受け止めてくれたのかな?
すぐに「そうね。そうよね。」って私の気持ちを受け入れてくれて、父にも進言してくれて、
すぐにお人形店に連れてってくれて、一緒に好きなお雛様を選んで買ってくれました。

娘が12月に生まれて、でも年が明けても両実家からは何の話も無いようなので(笑)、
私がこんな風にお雛様好きなこともあって、
さっさと自分たちで素敵なお雛様を購入することにして、夫と見て回りました。
三人官女まであったらもっと良かったかな~と思ったりもしますが、
とにかく私が気に入っています。(笑)

桜餅、金曜日に一度作りました♪娘も大好きで。
でも、オリンピックの女子フィギュアのゆくえが気になる中だったので、
今一つ集中力を傾けられなかったというか…写真を撮っている場合ではなく。(≧m≦)
ひな祭りに作ったら載せたいなと思います。*^^*



by: シルフィー * 2010/02/28 18:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1165-47b2605c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。