スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
赤い実のタルト
2010 / 09 / 13 ( Mon )
あかいみのたると1


赤い実のタルト


4ヶ月ぶりのお菓子教室に参加しました。
久しぶりでしたが、顔なじみの皆さんとのひと時、楽しかったです。


先生は、「9月になれば涼しくなっているだろうから」
という思いで『赤い実のタルト』を年間スケジュールに組んだそうですが、
北海道もこの夏はいつになく高温多湿で、タルト作りには不向き。
農作物にも影響が出ていて、「赤い実」のストロベリーやラズベリー、ブルーベリーらが
全くと言っていいほど店先に無く、手に入らなかったそうです。
(ブルーベリーは「赤い実」じゃないだろうと思いがちだけど、
色が有る果物=「赤い実」と指すのだそうですよ、と先生が仰いました。)
そんな事情で先生が手に入れた「赤い実」は、
ストロベリーがやっとの2パックとぶどうのみでした。



あかいみのたると3


このタルトは、下のサブレ生地を冷蔵庫でよーく冷やして薄く伸ばして型抜きをし、
その上にクリームダマンドをのせて一度こんがりと焼きます。
冷ましてクリームシャンテを絞り、赤い実をのせて更にクリームをのせて
ミントをお飾りして出来上がり!


赤い実が少なくて、タルト1個につきぶどうは1粒を半割にしたもの、
ストローベリーは1/2個を更に半割にしたもの…しか使えず、
先生も申し訳無さそうでした。^^;


でもでも、サブレ生地にもクリームダマンドにもバターとアーモンドプードルが
たっぷり入り、その上にクリームシャンテもなので、
カロリーは1個400kcal近くあるのだとか!(@_@;)
とっても美味しいけど、ペロリと2個を食べるのは勇気がいるタルトです。笑


来月は、「米粉を使ったシフォンケーキ」。
参加できるかな~。
就職活動中で、お仕事が決まれば行けなくなるかもしれず。
でも、まだ1社しか面接をこなしていない私に、
「落ちて落ちて落ちまくってメゲるのはこれからですよ~!」
と、ハローワークの方はアドバイスを下さいました。^^;
まだまだ道のりは遠い…と覚悟を決めて。苦笑



あかいみのたると2



ところで、娘の高校の 家庭科の調理実習の話 です。


フルーツサラダを作るのに、先生が、
「りんごの皮むきに (人参に使う) ピューラーを使う」
と説明したそうな!
娘も、「さすがにこれはビックリした…」と。
限られた時間内で作業をする為に考えたことだろうとは言うけれど、
今時の高校生はりんごの皮むきもしたことが無いから、
学校でも仕方なくピューラーを勧めるなんて、
それで本当にいいのかいな?と思ってしまいましたよ。


家庭で親が教えない&させないなら、せめて学校では包丁を使うことを
教えないと、もうどこで包丁を使うことを教えるの?させるの?と私は思うんですが…
今は教育でも手間のかかることをしないでスルーしちゃうんですね。
娘には「あなたはちゃんと包丁を使って作業してよね。」と言い、
クラスで包丁で調理したのは娘ともう一人だけだったそうです…^^;
「料理はしたこと無いです」と口にする女性も普通になりそうな時代かも。
今の家庭科教育実状でした。



関連記事

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

2010 / 09 / 13 / 19 : 19 | お菓子教室 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<炊飯器調理 ~イカ飯&さつま芋の甘露煮 | ホーム | お久しぶりです>>
コメント


シルフィーさん おはようございます♪
お菓子教室のタルト・・・・お店で売ってるものみたい~本格的ですね。
写真から、甘~い香りが漂ってきそうです。
北海道も、今年の9月は暑いんですね。
私の通ってるお教室でも、9月だから・・・とさつま芋をチョイスした先生、
季節感の狂う猛暑ぶりに苦笑いでした。

家庭科実習のエピソード・・・・
娘達にその話したら、絶句してました。
でも、同年代の子のそういう話、結構聞くみたい。
私も、ちょっと前になりますが子供がまだ小学生だった時に
親がカレーを作る事があって・・・・
若いお母さん達が包丁には見向きもせずピーラー使ってたのに驚いたり、
中には卵をうまく割れないお母さんもいてびっくりしました。
嘆かわしい~なんてボヤいたら、今の若い人には年寄り扱いされちゃうのかしら。
by: Misha * 2010/09/21 08:22 * URL [ 編集] | page top↑
★Mishaさんへ

こんばんは☆*^^*

今夜は十五夜ですね。
お月さまが雲に見え隠れしています。
最近はめっきり涼しくなり、それもあっと言う間に朝晩が冷え込んで寒くなっています。
北海道はやっぱり秋が駆け足だと今年も思いだしています。*^^*

小学校の調理実習やカレーを作る場面でじゃがいもをピーラーで、はもう主流でした。
今の学校は「危ないことをさせずに回避」する傾向を感じると言うか。
娘もじゃがいもとなるとその方が楽だとかいってなかなか包丁の作業をしたがらなかったり。
家ではその都度「包丁で」と言っていました。
子どもって楽な方に流れるものだから、つとめて仕向けないと、ね。
幸い稀に見る「イモおんな」でじゃがいも大好きな子だから、
肉じゃがを作ってと言われたら「好きなだけじゃがいもの皮むきをして頂戴」と言うと
「こんなに!?」と言う量の皮むきを頑張ったりするので、最近はだいぶ慣れてきたみたいです。(笑)

娘の前で「そんなんじゃ人間の手指が退化するわ」とよく言っていたのだけれど、
りんごにピーラーではさすがに娘もそう思ったんじゃないかしら。(笑)
彼女もそんなに色々と手際が良いわけではないけれど、学校祭や合宿などで
周囲のあまりの手際の悪さに「見ていられない」と思うことも多いそうです。^^;
by: シルフィー * 2010/09/22 23:28 * URL [ 編集] | page top↑


シルフィーさん、おはよー。

シルフィーさんの地域では、放映されてるかどうか、不明なんだけど、
また、番組名を覚えてないんだけれど、
番組の中で、
街中の若い女性に声かけて、簡単な料理を作ってもらうコーナーがあるの。
そこでは、もう、毎週、驚くことばかり。
料理にトライする若い女性たち、本当に料理をしたことがないらしくて、
これ、どういう味になるの?ってな感じばかり。
開いた口がふさがらないというのは、こういうことをいうんだろうって
親は何を教えてきたのかって本当に疑っちゃうよ。

包丁を使わずに料理できるようにって、スーパーでも刻みネギにはじまって、
色々な食品がでてるんだもんね・・・・・・・・・
ほんと、これでいいのかって思っちゃうわ。

この年齢になると、就職活動も大変ってよくきくわ。
でも、それにトライするシルフィーさん、すごいよ!
昔と違って、今は皆、若いもんね。
まだまだ、すてたもんじゃない。
頑張って欲しいな。

今朝、さっき、ダンボールが届きました。
これから、夫の荷造りをぼちぼちとはじめるつもり。
荷物っていう荷物はないんだけどね(笑)
十数回という転勤を繰り返してきて、もうないかなっておもっていたから、青天の霹靂。
やっと落ち着いて生活してたのに(笑)
やっぱ、まだまだ、人生これからね(笑)
そのためにも、体だけは、元気でいたいわ。
でないと、夫のところにもいけやしない(笑)

これから、益々、愚痴がおおくなりそうだけど、よろしくーーー(爆)
by: mari * 2010/09/24 10:35 * URL [ 編集] | page top↑
★mariさんへ

こんにちは!*^^*
今日、先程も面接に行ってきましたよ~!!
結果は来週…どうだろう。。。また「まな板のコイ」です。(≧m≦)

番組の話、以前見たことあるよ。
最近その番組自体目にしてない気がする~。
自分がお料理作りのブログをしているから、ここから繋がって見ていると、
家庭にありながらセンスも腕も素晴らしい方がこんなにいるのね~!
といつも感嘆・感心するばかりなのだけど、
所変わって掲示板などを眺めていた時には、
まるで料理はできなくても普通で、結婚したら夫婦のできる方がすればよい話であって、
女性だから出来なきゃいけないなんておかしいし、役目にされたくない~
みたいな人がかなりいて驚きました。
結婚したら、夫は妻が食事を作ってくれるだけで感謝するべき、とか、
妻が上手にできなくてもいつも「ありがとう」の言葉で褒めて励まして、
一緒に作ったり教えたり、長い目で協力して育てていくべき~とか、
そういう意見が多いのも驚きでした。

私の中学時代はかろうじて男子は技術、女子は家庭科、と分けた教育だったけど、
次の学年で教育指導要領が変わったみだいで、教科書やいろいろな変更があったの。
多分その時を境に分け隔てなく男女とも両方の教育になったんだろうな。
それからというもの、「男女平等」と言われて育ったわけで、男子からしてみて
夫が一家を支える大黒柱とか、働き蜂なんて感覚は今や消滅しかかっているみたい。
女性は出産や子育てを経ながらも男性と変わらない仕事をし続け家計を折半し合うのが当然で、
そんな自立した女性を当たり前に求める、人が今は男性に多いみたいです。
そうなると料理に時間をかける余裕など無いような生活になったりもだし、
家庭料理がどうの、手作りがどうの、と言っていられないし、
段々軽んじられてしまうご時世かな…なんて感じている所です。
働くことが至上な世の中だよね。

親が女の子には、とか、男の子には、という考え方や育て方をしなくなってもいるし、
「花嫁修業」なんてもう完全に死語だよね。(爆)
親自体が面倒がって料理や手作りをしないし、させる考えがないことも少なくないよ~。
「冷凍食品の詰めるだけお弁当」が殆どだよ、って以前娘が言ってたし…。
みんなは飽き飽きしてる、って。
時代はどんどん変わっていく~。

でも、私はやはり、娘には一通りのことはなんとかできる、
やろうと思って本を見たりレシピを検索したら一人で作ることができる、
何度か重ねたら上手になっていく、くらいにはしたいです。
自分ができないことを正当化して、できる人がやればいい、と人に言ってのけるのは
どうしても共感できないです。
食べてくれる人の為に気持ちを込めて美味しい物をこしらえようとする人になってほしいです♪

お引越し準備か、無理のない様にね。
私も実は愚痴がいっぱいあるんだよー!
だって、就職は本当に厳しいんだもん…経験が足りないとテキメンに弱くて。^^;
お互いに吐いちゃおう!メール待ってます♪( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
by: シルフィー * 2010/09/24 12:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1193-82f2deaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。