スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
やっぱり、買いだめはやめよう!
2011 / 03 / 16 ( Wed )
今朝、官房長官が日本国民に呼びかけていましたね。
「被災地以外の地域の方の買いだめをしないように、
物資を被災地へ最優先に届けられるように」と。

私もその通りと思います。


職場では、関東方面への荷物を送りたいという問い合わせが殺到しています。
東京や神奈川、千葉へ、というのがほとんどです。
地元、親元へ「こっちで何も商品がないから送って!」という依頼が殺到しているのでしょうね。
その中身が、水、米、缶詰、カップ麺、懐中電灯、乾電池、おむつ等…
そして、勤務中に外回りから戻ってきた職員が、
「店に米も水も乾電池ももうどこにも売ってないよ!」と話してきて。
本当に、どこにももう在庫がありません。
人の心理とはこんなにも敏感で早いものなのですね。
そして、あっという間に流通がパニックしてしまうんですね。
これでは本当に必要な人が購入できないし、
何より、今、被災地で困窮している方に送るものがますます不足してしまいます。
それに、一気に全国から東京周辺に荷物が集中して、停電もしているのに、
物流がパンクしたりますます混乱してしまいます。


米がすっかり買い尽された翌日に近くのスーパーに行ってみると、
お米売り場に新たなお米はちゃんと積まれてありました。
それを見て、「ああ、そんなに慌てなくてもいいんだわ」と思ったものです。
しかし、店内をぐるりとしてまた行くと、
「入荷が困難な状態でご不便をかけます。」
というようなお詫びの貼り紙がつけられていてそれを読むと、
「じゃあ、今あるうちに買っておかないと!!」
という心理に煽られるのではないかと思いました。
「十分にありますので、慌てなくても大丈夫です。」と言われたほうが
じゃあ今日のところは買わずに様子を見よう~と普通の状態でいられる気がします。


震源地からかなり離れた北海道でもかなり揺れたし、津波も押し寄せました。
被害も相当出ています。
でも、ほとんどの人は日常生活に大きな影響はなく、普段通りの生活ができています。
関東で計画停電で混乱している方の実感も無ければ、
被災地の困窮している方々の実情だって本当には実感できていない環境です。
だから、そんな平穏無事な生活が送れている私が、
「買いだめはやめて」と簡単に人に言うのは…とも思われます。
母や兄がいるのが茨城で、こちらからいくら送りたくても送れないから、
却って慌てずに済んでいるのだとも思います。


でも、やっぱり、「慌てて買うのはやめよう!」と言うことにしました。
見てくださる人は少ないブログではありますが、呼びかけたいです。
茨城で震度6強に見舞われた70代の母が、
家の中はめちゃくちゃで電気も水道も電話も止まった中でいましたが、
昨日、地震後やっと電話が繋がって初めて話ができると、
「電気が通ったら心が明るく元気になった」と言っていました。
そして、「不便があろうと、大したことはない、生きていけるよ!」と
力強く私に言いました。
電気や水、食糧、燃料、暖をとるものが一つずつでも得られると、
被災地の方々を元気づけられ、生きる力を強くできるのだと思います。
被災地でひたすら物資の到着を待っている方々、
屋内退避で物資が切れてもどうしようもない方々に、
希望をつなぐことができますように。

被災地を第一優先で、一刻でも早く物資が行き渡るようになりますように、願ってやみません。


関連記事

テーマ:地震 - ジャンル:ライフ

2011 / 03 / 16 / 17 : 30 | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ありがとう! | ホーム | 桜餅>>
コメント


茨城は電気と電話が復帰して、ほっとしましたね。
うちの実家もまだ水が回復しませんが、近くのスーパーが今日から営業を再開したそうです。
数時間並んでペットボトルの水を1本を買えた、と母が言っていました。
ガソリンがあれば、隣の水戸まで水をもらいに行けるのですけどね。

でもひとつ回復するたびにみんな元気になっています。
笑えなくなっていた甥っ子も、今日は元気に電話をしてくれました。
情報が氾濫して不安をあおられている首都圏より、ずっと落ちついていて元気ですね。
こちらもいつまでも心配ばかりしてられません。

とはいえ試作はしばらくやりません。
必要なところに必要なものとお金が届きますように。
とにかく節電と募金を呼び掛けることにしています。
そして余震でストレスをためている方が多いので、心が前向きになれるお手伝いが出来るようがんばります!
by: ヤミー * 2011/03/17 22:00 * URL [ 編集] | page top↑


はじめまして。

ときどきブログ読み逃げしてますモーリファといいます。


私のお付き合いのあるブロガーさんも茨城県在住です。

北部なので地震の被害も大きく、福島原発にも近いのです。
とても心配です。
悲しくて、泣けてきます。

私の住むところでは、ひどい買い占めなどはないですが、懐中電灯はあるけど単1乾電池が売り切れです。

ガソリンの価格がずいぶん上がりました。
あるだけありがたいです。車でしか移動できないので。


買い占めはいけません。落ち着いたら、消費するのに時間がかかるのに。


被災地の方に優先的に回さないといけません。


長々とすみません。
早く落ち着いた日々が戻るのを祈っています。
by: モーリファ * 2011/03/19 00:21 * URL [ 編集] | page top↑


シルフィーさん、こんにちは。
元気そうで良かったです。

そちらは、地震、大丈夫だった?
こちらもすごく揺れて、いつもの地震と違う!って思って、咄嗟に外に飛び出しました。
電柱がぐらんぐらんと揺れ、木々も倒れそうなくらいに揺れ、すごく怖かったです。
その後も、頻繁に続く余震で、絶えず、体が揺れているような錯覚さえ覚え、夜もおちおちと寝ていられませんでした。
東京にいる私でさえ、こうなのだから、被災地の方々は尋常ではないなと思いました。

買占め、東京すごかったです。
どこのスーパーにいっても、棚から一切のものがなくなり、異様な光景でした。
計画停電もあるので、電池を買いにいったら、すでに出遅れ。
一体、世の中の人はいつ買いに走ったのかって思わずきいたら、地震直後という・・・
私、2~3日は怖くて外にでれなかったのに、冷静だな~って思いました。
私がのんびりしすぎなのかしらね。
そのうちに、トイレットペーパーも棚からなくなるころ、衣類洗剤までがなくなっているという光景にはびっくりしました。
もっと、落ち着いて行動しようよ~って本当に思ったわ。
やっと、最近ではスーパーにも普通にものが並ぶようになりました。
それでもまだ、冷蔵庫にいれなくてもよいものはないかな~。
でも、お野菜、肉、魚はあるから、私は普通にしています。

今回のことで、日本中の人がいろいろな教訓を覚えたと思います。
これを忘れずにしていくことも大事なのではないかと思います。
のどもとすぎればなんとやら・・・にならないことを祈ります。

by: mari * 2011/03/20 13:10 * URL [ 編集] | page top↑
★ヤミーさんへ

こんにちは!ご無沙汰してました。
コメントを頂いてから5日経過してしまいました。^^;
その間に水道も復旧しましたね!
母は田舎で一人暮らし。足が悪く冬季は自転車では一人で買い物に行けないなど
いろいろ不便がありながらも、誠に元気に過ごしています。
聞けば私よりずっといろいろな「備え」が元々してあるらしく、
今回の非常時でも手慣れたものだそうです。日ごろの賜物ですね。
そして、元々常備採中心の食生活をしていて、
食べ物に急に困るということも無かったようです。
非常に落ち着いています。
今回、都心の方々で買い占め等の現象になったのは、
生活の仕方にその原因があり、
母のような人との大きな違いがあるのだと思います。
私も備えや日ごろの暮らし方を考え直さないと…と思います。

幼い子供たちも大人たちの不安を敏感に感じ取っていて、
ただ言葉にできない・していないだけだ、と今朝のテレビで観ました。
甥っ子さんの笑顔が出るようになって良かったですね!
テレビがだいぶ以前のように放送されてきたので、
子どもたちもホッとできる時間が増えたと思います。
震災からずっと報道ばかり見ていて、私も無意識に苦しくなっていたようで、
あるとき「おかあさんといっしょ」が入って歌を聴いたら久しぶりにホッと一息つけた感じがしました。
高校生の娘でさえ、震災から3日目4日目くらいからテレビをつけるのをとても嫌がりました。
小さい子ならもっと不安を感じていますよね。
普段通りの遊んだりテレビを見たりの生活って大切なんだと思います。
大人たちもです。
まだ長くなりそうだから、ストレスとの付き合いですね。
地震や津波から助かった方々が、その後の心身の疲労やストレスの負担から
痛ましいことになっているのがまた悲しいです。
by: シルフィー * 2011/03/22 16:18 * URL [ 編集] | page top↑
★モーリファさんへ

はじめまして、こんにちは!
お返事が遅れました。<(_ _)>

母と兄の家があるのは北部のほうです。
幸い屋根や外壁などには損傷は出なかったけれど、家の中はめちゃくちゃで、
近所の家では屋根にみなブルーシートだそうです。
母は床に落ちたものはそのまま床に置いたままだそうです。
まだ余震が続いているので、また落ちるよりそのままにしてあり、
夜は衣服のままソファで寝るようにして、いつでもすぐ避難できるようにだそうです。
そう書いている途中で今また、こちらでも揺れました。

ガソリンもやっと供給がされつつあるとテレビで言われていますが、実際どうでしょうか。
特に避難生活や耐久生活を余儀なくされている方々に早く行き渡りますように。
幸いこちらではそこまでひっ迫はしていないですが、無用な走行はしないように、
本当に必要な買い物や用足しだけに運転しています。
お米やお水の買い占めはこちらでは2~3日で落ち着きました。
でも未だに乾電池の単一は売り切れたままですね。
原発の方がとにかく早く終息し、福島県民の方々が家に戻ることができますように…
ひたすら祈っています。
by: シルフィー * 2011/03/22 16:37 * URL [ 編集] | page top↑
★mari さんへ

こんにちは!こちらは元気です☆
地震の起きた時は仕事が休みでパソコンに向かっていました。
揺れを感じてすぐにテレビをつけると、「東京も揺れています!!」になってて、
これは大きな地震だと恐怖を感じました。
母にすぐ電話したけど出なくて、その後は話し中ばかり。(それがもう不通ということだったようです)
こちらでも余震が感じられる度に津波警報がつりあがり、
三陸では10m以上、ここも6m以上と出て、
その時には既に釜石や小名浜港が津波に飲みこまれている映像を目にしていたので、
こうしてはいられない!と、私も車で一時高台へ避難しました。
ここは港も近いし念のため。
娘の高校が高台にあるし、まずは同じ場所にいた方が、と。
家までは被害は来なかったけれど、一部浸水した地域もあって、
道路や橋は交通規制がかかって移動も一苦労でした。
漁業関係者の被害は大変なものになっています。

茨城の母のところの余震はまだまだ続いているそうです。
東京の建物被害がそれほど多くは無かったことは不幸中の幸いでしたよね。
でも、電車が止まったり、計画停電になったりで帰宅難民とか混乱が発生し、
都会で食事や買い物はいつでも好きな時に買う、買えるという生活だった人には
特にショックだったんだと思います。
不安も高まって一気に「買いに走る」行動に繋がったんでしょうね。
コンビニなどは一日に3回とか補給される体制で常時売れ残りが無いようになっているし、
とても物不足になったかのように目に映り、それでまた「買わなきゃ!」って心理になって…。
でも、落ち着いて工夫をすることをしないといけませんよね。
きっと、多くの人が生活の仕方を考えるようになったと思います。
今は売り切れたままで手に入らない物も多々あるので、
落ち着いたら私も非常持ち出しのセットを用意するつもりです。
地震も津波もあるのに、ちゃんと用意していませんでした。^^;
mari さんも大変だったようで、どうかこれからも十分気をつけてくださいね。
by: シルフィー * 2011/03/22 17:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/1206-a195ccd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。