スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
苺シロップでうずまき蒸しパン ~衝突しちゃった朝
2007 / 06 / 18 ( Mon )

むしぱん1


苺シロップでうずまき蒸しパン


レシピ

レシピ もちもちっ!失敗ナシの基本蒸しパン☆ by シルフィー


先日作った蒸しパンです。
* お砂糖はレシピの半量にしています *
ここのところ、基本蒸しパンに「うずまき」のお絵かきを楽しんでいます♪
今日のうずまきは≪苺ジャムを作った時の苺シロップ≫ で♪
煮汁をコップに取り置きしたものを冷蔵庫に入れていたら、
ものすごーーーく、とろ~ん! となっているのですよ☆
うずまきにお絵かきするには、なるべく固めのとろ~ん!なものがいいので、
「これならいいかも♪」とやってみました。


が。。。


むしぱん2


前作うずまき蒸しパンの ≪チョコ・モカ☆ゼブラ蒸しパン≫ の時より
慎重丁寧にうずまきにお絵かきしたのにこの通り。
「綺麗にできた♪」と思っても、次のカップのお絵かきをしている間に
変化してしまいます。(>_<)
やっぱり、苺シロップはうずまきには向かないようです。



蒸しパン3


それでも、苺シロップの可愛さと美味しさは変わらないので、
普通の ≪苺シロップ蒸しパン≫ ということで。^^ゞ
カップのふちに溜まっている苺シロップがなんともそそります~!*^^*
手に持って食べる時は注意!ですね。
ケンタッキーの昔のCMのように、思わず指までチュッ!です☆
小さなお子さんには大変なことになっちゃうので、
完全装備であげるか(笑)、お母さんが持って「パクっ!」させてあげてください♪


さてさて、今日はこんな朝から更新なんていつもより早め。
というのも。。。
しょーもないシルフィー母娘のお話。
なのに長いので、お暇な方、良かったら読んでください。^^ゞ



実は、今朝も娘とやっちゃいまして。。。(>_<)
今朝も、というのが(;´д`)トホホ…です。


女の子というのは、いろいろとこだわりがありますよね。
どんなものでも「自分で」選んだり決めたりしないと気が済まない!
男の子のお母さんのお話だと、例えば、
学校へ持っていくセカンドバッグ(手提げ)を「何でもいい」と言うだけでお母さん任せ。
お母さんが昔使っていたバッグ(今時のバッグに見劣りもせず保存状態も綺麗)
を出したら「それでいい」って言って驚いたとか。
娘なんかにそんなこと絶対ありません!
とにかく、自分で何でも選んで決めて揃えたものじゃないとダメ。
私のお下がりなんていくらサイズが合っていてもダメ。
ま、そこらへんは私も強要しないのでいいのですが。。。


朝のお弁当に関して、あまりのブーイングには腹が立ちます!(ー'`ー;)ムムッ
今日のお弁当は、娘が大好きなサンドイッチ♪
ヒレカツサンド、ハムレタスサンド、たまごサンドです~。*^^*
私だって、娘の好きな物で作ってあげられる時は心が嬉しい。
気分良く用意していました。


ところが、うっかりしていてフルーツが無い。
今までフルーツ無しの日はありませんでした。
娘の話から、他の子もフルーツやデザートは食べたがるようで。
いつも持ってこない子(男子が多いみたい)は持ってくる子(女子)の
フルーツやデザートを狙ったり素早く取ったりするようです。汗
娘はそこらへんはぬかりが無いですから、
いつもフルーツを入れていく容器からお弁当箱の方に入れ替えていたりして
阻止しているみたいです。^^ゞ
(その子のお母さん、入れてあげてほしいです。)


で、私がフルーツの缶詰でも入れてあげようと思い用意し始めると、
「何するの!何を入れようとしてるの!(ー'`ー;)ムムッ」 という言い草。
いつものことながら、この子は私のすることを信用していないような口ぶりです。
(というか、夫に対してはないような心無い言い方を私には向けます。泣
そして、お弁当は私がおかずを作って用意し、娘は自分で詰めることにしています。
毎朝の事ながら、詰め方に私がちょっとでも箸を出したり口を出したり
しようものなら、ものすごいブーイング!であります。。。汗)


おまけに、今日はサラダや野菜が多いので保冷バッグに小さな保冷剤を入れて、
と思ったので、そのバッグに入れられる容器の大きさが限られてきます。
「お箸は今日は別にしてね。」と言ったのがまた気に入らない!ときてる。
「入らないから無理よ。」と繰り返し言う私に真っ向から対抗し、
何が何でも自分のしたいようにする娘。汗
そもそもサンドイッチ用のランチボックスのラップの敷き方・詰め方に始まり、
ブーイングばかり!!
座っている位置からは詰めづらいので、「私の席の方に来てやるといいよ。」
と言っても 「手を伸ばせばできる!」 と受け付けない。
はさんだ具が落ちたり危なさそうだから言ってあげているのに、
人の親切を全部 「いいから!」 という態度に腹が立ちます。


どれも些細なことだけに、きっと笑われている方もいるでしょうね。^^ゞ
ほんと、馬鹿馬鹿しい話ではあります。
中一の娘と一緒になって腹を立てるなんてね。。。
だけれど、こういうことがあまりにこの子に多くて、許せない時があるんですよね。
強がりでポーカーフェイスで向こうっ気が丸出しに強くて、
「そうだね。」とか「ありがとう。」と言う事が性分的にできない子です。
母に対して反抗しているだけで他所ではもっと上手くやっているみたいだし、
お友達の中では意外とものをわかっていて、
冷静な行動を取れていることもあるので、
特に心配ではないのですが、不器用な性格だなぁ~と思う。
もう少し柔らかい気持ちの子になってほしいのですが、
今今は無理というものでしょうね。そういう年頃だし。
私ももっと上手く(もっとうわてに)付き合う母になるようにしなければね。^^ゞ


「そんなに文句ばかり言うなら、もうお弁当は作りません!!」


そう言われても自分でまだお弁当をこしらえることは出来ない娘だと
承知しての切り札です。
子どもが一番困るセリフを出して態度を硬化させたりして、未熟な母です。^^ゞ
大人気ないですね。
困った様子で登校して行きました。
折角好きなサンドイッチのお弁当の日なのに、食べてもいい気がしないでしょう。
毎日のお弁当の写真も今朝は撮れませんでした。


我が家は普段は母娘の二人暮し。
夫は単身赴任で居ないし、
元々気の強い娘で思春期に入って、バトルの毎日です。
いつもはのほほーんなシルフィーも、娘に対しては「譲らない母」で。(笑)
それでも、女同士仲良くもあるし、その日その日やっています。^^ゞ
こんな衝突だっていつものことなんですけどね。。。


こういう時こそ、何も言わずに美味しいものを作ってあげるに限る!

のですよね。。。分かってはいるんです。あはは。
私が一人のお昼に蒸しパンを4つ作って、
大体1つか2つ残して蒸し鍋の中に入れておくと、
私が外出中に娘が帰宅しても、いつもちゃっかり食べています~。


今日もそうしておこうかな?

今朝は私も反省・・・のシルフィーです。^^ゞ



むしぱん4



しょーもない母娘のお話、シルフィーの愚痴話でした。
昨日の「父の日」の話からあまりの落差。。。大汗
持ち前のアクの強さ~は夫譲りです。
ですが、夫はシルフィーには無害でまったく問題は無いんです。(笑)
私だって他の人にはいつも穏やかでのほほーんなのに、
娘には手を焼いています。。。汗
本当に強いものを持って生まれた子なので、いろいろありました。
それでも、成長と共に泣き笑いでいいのですが。
シルフィーの泣き所、ここにアリ。
今日はちょっと口説いてみました。あはは!

読んでくださった方、誠にありがとうございました。

関連記事

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

2007 / 06 / 18 / 11 : 01 | 蒸しパン | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<母の新じゃがと春菊で美味しい晩ご飯 ~梅酒でほろ酔い | ホーム | 父の日のプレゼント ~えぷろんママさんのごまリングパン>>
コメント
★う~ん。。。

私は自分の学生時代を思い出してしまいました。^-^;
ほんとそっくりかも。
思春期なんですよね~。
お弁当にはそんなにうるさくなかったけど、美容院で前髪がちょっと短く切られたりすると、「お母さんがあんなお店に連れて行くから!!!」って八つ当たり。。。
忘れ物したら、自分が悪いのに、「早く持ってきて!!!」なんて電話で八つ当たり。。。
外でいい子な分、お母さんにだけは自分の嫌な面を全部ぶつけてしまうんですよね。
八方美人で、争いごとが嫌いな、てんびん座。
でも、やっぱりイライラやもやもやはつのるんですよね。
精神的なバランスを、母にぶつけることで取ってたのかなぁ?
そう思うと、お母さんってありがたい存在だったんですよね。

今では母とめちゃくちゃ仲良しですよ。大親友です。
自分が親になって初めて、母親のありがたみ、それはもうヒシヒシと感じましたから。
うちの子もあと6年もしたら、きっと思春期の頃の私のようになるのでしょうね。^-^;トホホ

シルフィーさんも、それだけ親として頼られているということですよね。
がんばってね!
by: tomo.. * 2007/06/18 14:35 * URL [ 編集] | page top↑
★tomo..さんへ

こんにちは♪

tomo..さんの学生時代の様子~今のtomo..さんからは想像できない感じで意外です。
そう、今も母と電話をしていたのだけど、母が「私にはそういうことはないのにね。」と。
私に対してだけだと思います。
外で良い子と言うほどでもないのだけれど、友達には同じことできるはずが無いからやってないし。
私に対してだけだから、まあ、身近で一番言いたい放題できる相手で、
そういう受け止め場としての役割ということは自覚してるんですけどね。^^ゞ
同じことで何度人を怒らせても、次もまたやってしまう・・・というおバカな娘です。(笑)
本人も、「自分てどうしてこうなんだろう」と思ってみたりはするのだろうけど、気が強くて、対抗意識は下げられないのでしょう。^^ゞ

決してね、「反抗」したいのではないけど、「対抗」して頑張っているんです。
それは、「母と娘」だからなんでしょうね。
2年ほど前は「ママのようになりたい。」と言っていた想いが、今は「ママに負けたくない!」になっていて、「ママのようになりたい。」は娘が私に口にしていた言葉で、「ママには負けたくない!」は直接言わず、母に電話で「ママには内緒。」と話しているそうです。(笑)
この対抗する時期があって、それを過ぎたら大人になっていくのでしょうが、これからまだまだまだ・・・ありそうです。
先輩お母さんによると。ふふ。

朝作ったサンドイッチ・・・私もお昼に食べたけど、やはりあまり美味しくなかったです。
こんなこともありますよね。。。
朝の占いでは(私は全く興味が無いけど娘が必ずチェック!)、確か私のおひつじ座が一番良かったと思ったのになぁ。。。(笑)
ちなみに、夫もおひつじ座。娘はいて座。
3人とも「火」のグループです。^^ゞ
確か動物占いでも、私と娘は衝突する相性だったはずです。^^ゞ

by: シルフィー * 2007/06/18 15:16 * URL [ 編集] | page top↑
★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/06/18 16:24 * [ 編集] | page top↑
★わかる、わかる・・・

こんにちは、お久しぶりです。
コメント残さないけどいつも覘いてます。
シルフィさんのお弁当、いつも美味しそうですね。
娘ちゃん羨ましい! 当たり前すぎて気づいてないでしょうけど・・・
私は、高校卒業してすぐ親元離れて寮生活でしたが、側に居るときは母親ってウットウシイe-262んですよね~(笑)
父は恐ろしくて逆らえないけど・・・(福子の父は堅気なのに見かけがかなりきてますe-263
やっぱり母親には、甘えもでちゃうのかな? なにしても受け止めてくれて、最終的には許してもらえる存在だから。
甘えんぼちゃんなんですねe-265
福子もそうでした。
離れて初めて判るって本当ですね。
女の子はある一定の時期を過ぎると母親の元に返ってくるじゃないですか?
一緒に買い物行ったり・お料理一緒にしたり・・・
結婚してお里帰りだったり・出産だったり。
そこに到達するまでが長いけど、同じ女として先輩として素直に甘えてくれるまで・・・
道のりはグタグタに長いですけどファイトe-271ですよ!
シルフィさんの記事は何年か後の私と娘を見ているようで、ホンワカ半面・ドキドキ半面・・・何年か前の自分を見ているような刹那さも織り交ぜ~の・・・って感じです。
私も母に苦労させてたんだな~今もさせてるけど・・・e-263
私の娘は今は7歳だけど、そう遠くない未来に今のシルフィさんと娘さんのようにバトルしてるんだろうな~
そのときは笑ってやって下さい。
by: 福子 * 2007/06/18 17:08 * URL [ 編集] | page top↑


e-29e-265が割れてました・・・ごめんなさい
by: 福子 * 2007/06/18 17:11 * URL [ 編集] | page top↑
★鍵コメさんへ

こんばんは☆

私もね、思春期の頃の自分なんてよく思い出せません。(笑)
ただ、母もよく言うけど、「全然違ったよね。あなたは良い子(今ここで一言で簡単に書くと~という意味で)だったし・・・」って。

シルフィーは子どもの頃、人見知りで、家に来客があると奥に隠れてしまうような子だったし、素直でお利口さんだったけど、当時の母は感の強い潔癖な人だったせいか、よく怒ってね。汗
悪いことなんかまずしなかったと思うのに、なんでいつも怒られてたのか?わからないのだけど。
一度叱られ始めるとヒステリーで長くて、「ごめんなさい」の一言も言い出せない私は、「黙ったままでお前はずるい!」ってまた怒られて、一日中ガミガミ言われっぱなしの子だったの。汗
(あの頃は大変だったわ。。。)
中学の時に、友達から誕生日プレゼントにもらったスリッパを母が無断で父の入院先の病院に持って行って失くしてね、私が問いただすと、平然とした顔で「弁償すればいいんでしょ。」という言い草にショックで、初めて母に猛抗議!
「大人でお金があるからってその言い方はないでしょ!相手が子どもだからって馬鹿にしないで!ちゃんと謝ってよ!!」って。
泣いて訴えたけど、結局謝ってもらえなかった。。。(>_<)
(なんであの時、母はあんな態度しかしなかったんだろう。。。
それは今でも不明です。とにかく、大人の横暴!理不尽さを感じましたね~。)
そんな私も次第に強くなって、いつしか母に物言う立場になって、今では母にはっきり意見する娘です。(笑)

それからすると娘はまるで違う!
自分が悪いことをして怒られていても、「嫌だっ!!絶対嫌だから!」って堂々と拒絶してのけるし!(爆)
どっちが怒ってるんだ!?って感じ。汗
口うるさい親の下に生まれたとしたら、「そんな家出てく!」なんて言うし。大汗
怒られてもしおらしくなんかならない娘・・・どうしてこんなに強く主張できるのか?私には理解不能だったりもします。^^ゞ
ただ、今時点では私に敵わないことが多いので、その私から言われることがどうにも素直になれないそう。
今そんなに対抗意識をぶつけて頑張らなくても、そのうちほとんどで私を追い越していくのにね。
そう話して聞かせてもいるのだけれど、とにかく私より優位に立っていたくて、「ママだってー!」とか「ママがそう言うなら今度はこうしてもらうから!」とか、何でも良いから言い返してがんばってます。汗
本当に強いものを生まれ持った子です。^^ゞ

女同士のバトル・・・とは夫が言います。(笑)
夫に対しては言わないようなことを目の前で私に対して平気で言ってのけるので、時々、「ママをいじめるんじゃない。ママをいじめる子はパパ好きじゃないよ。」とは言っているそうです。二人きりの時に。
夫には素直なんだけれど、父親では甘えられないことがあるし(単身赴任になる前から同じです)、なんだかんだ言ってやはり母親が全てで、一番言いやすく反発もしやすいのでしょうね。
夫が本気で怒ると半端じゃなく「こわい」ことも知ってるから、おかしなことは言わないけど、私が怒るのは一時的だし、日常茶飯事だし~って甘く見られているのでしょうね。

元々あまり「怒り」という感情を持ったことが無かったわたし。。。
感じても長続きしなくて、「あれっ?どうして私ってあんまり怒れないのかな?」なんて首をかしげていたような女の子でした。^^ゞ
でも、親としてはかなり「毅然」とすべきところはしているつもり。
中途半端で投げ出すことは容赦しないし。
「ママは、他のお母さんとは違うことに厳しい。他のお母さんなんて、みんな家庭科の宿題とかやってくれてるよ。」
とか、「ママは熱い人だ。情熱的。」なんて言われてます。
娘に対してだけはそうなのよ。(笑)

美味しい晩ご飯を作って、「何か手伝うこと無い?」なんて言ってきたり(「ありません。」とピシャリ!笑)、娘の役目としている食後の片づけを後回しにしないでおとなしくすぐ済ませたり、今は「ピアノの練習をしてもいいですか?」なんて神妙に訊いてから「しおらしく」ピアノの練習をしています♪笑
また同じことすぐ繰り返すんだろうけどっ!(疲れるわ・・・汗)
by: シルフィー * 2007/06/18 21:22 * URL [ 編集] | page top↑
★福子さんへ

こんばんは☆ちょっとお久しぶりですっ!
いつも見て下さっているなんて、嬉しいです☆ありがとう♪

「父は恐ろしくて逆らえないけど・・・
やっぱり母親には、甘えもでちゃうのかな? なにしても受け止めてくれて、最終的には許してもらえる存在だから。
甘えんぼちゃんなんですね。」

って、その通りなのでしょうね。
↑で鍵コメさん宛にも書きました。(長すぎっ・・・汗)
まっ、父親と母親揃って「怖すぎる存在」じゃ子どもの居場所がなくなるし、両親でバランスが取れていればいいのでしょうけどね。
ほんと、甘ったれですよね。
普段は私に張り合っていいだけ頑張るのに、不都合になると自分を子ども扱いしたような弁解が始まります。^^ゞ
私は娘が小学生の時から子どもだからという扱いはしない主義。
「それは人としてそれでいいことなの?」と話すし、中学生になってからは「早くもっと大人になりなさい。」とも話します。
とは言っても、それは年数が掛かることだけど、「あなたを大人扱いしているのよ。」という私のメッセージでもあります。
意識をそういう時だけ自分に甘くして「私は子どもだから」として逃げて欲しくないです。

こんな娘でも、やたらとくっついてはくるし、「一緒に寝よう。」なんても言うし、買い物にひとたび外へ出れば自然と手をつないでくるし、「ぶつかってしょうがないからそんなに接近しないで!」と言っても言ってもすぐ傍に居るし・・・笑
大きく成長したらどんな女性になるのか?今全然想像がつかないんですけど(笑)、また違った母娘関係になっていることでしょうね。
遠い話ですが。(笑)
でも、女の子って「劇的」に成長するので、戦々恐々!
だって、早い子なら16歳そこそこでママになったり結婚したりするでしょ?
あと3年でその歳・・・と思うと、ちょっと固まります。汗
頑張って母業しましょうー!

あ、e-265のことは気にしないでね☆(*^^*)


by: シルフィー * 2007/06/18 21:55 * URL [ 編集] | page top↑


こんばんは~♪
子育てってホントに難しい。
シルフィーさんのブログを読んで、自分の思春期を思い出しました。
私も一緒です、母とお弁当バトル毎日のようにしてましたよ。
私は詰めるのも母がしていたので、お昼にお弁当箱を開けて初めてメニューを知るんです。
そのとき、煮物ばかりのお弁当だったり、フルーツの汁がごはんにうつってたりすると私はいつも激怒していました。
今思えばと~ってもくだらないことです(笑)

私とゆっぴ、りんも毎日バトルです。
たまにはのんびりした日を過ごしたいなぁ~~~~
by: みやっち * 2007/06/19 21:26 * URL [ 編集] | page top↑
★みやっちさんへ

おはようです♪

みやっちさんも自分の時のこと、思い出されたのね。
何だか皆さん同じね。^^

私は、高校の時は1年生の2学期までは列車通学で、あとは下宿したので、大半は下宿先のおばさんのお弁当を戴いていました。
私は、おかずの汁とかが流れてご飯粒にしみたのがあまり好きじゃなくて、何かの折におばさんに聞かれたのか?伝えた機会があって、おばさんとしては「味付けしたご飯は好きじゃないのかな?」という風にも受け取って、随分と気にしていらしたみたいなの。
おじさんとその件で話していたそうで、私は味付けご飯が嫌なんじゃなくて、おかずの汁に染まったのだけが嫌なんだってことがハッキリした時に、おじさんが「ほら、やっぱりそうだろ?」っておばさんに言ったのを見て、「あ、私の何気ない一言で今までお二人に随分と気をもませてしまっていたんだな・・・^^ゞ」って反省したことがありました。
思えば、私も当時はまだ愛想っ気も無かったと思うし、おばさんに「お弁当ありがとう。美味しかったです!」とかってあまり感謝の気持ちをちゃんと伝えていた無かったかも。。。汗
食べている時は、「あ、これ私の好きなモノ☆」なんて思ってパクパクしているのにね。

母のお弁当はとても量が多くてね(笑)、おにぎりが特大で、友達と一緒に食べていてもいつも一人だけ食べ終わらなくて、でも、美味しいので一人になっても悠々と食べ終わるまでパクパクしていました。(笑)
すると、クラスメイトが、「シルフィーのおにぎりはおっきいね!」って。
初めて気づいた私も私。。。(笑)
母ったら、1つのおにぎりに海苔を1枚使ったおにぎりを作っていたんですよ!^^ゞ
美味しそうに食べていたらしくて、クラスメイトの男の子が美味しそうに食べていて実に幸せそうだ~と思って見ていたそうで、「その顔を見るためなら」って、時々学校帰りに喫茶店でパフェとかおごってくれることがありました♪(笑)

私は母に対してあまり文句を言ったり腹を立てたりは無かったと思うんだけど、でも、母娘と言えども別個の人間だから、いろいろあるよね。
子どもが小さい時は親の方が絶対的存在で子どもも全面的にべったりで嫌でも言うこときいて、小学生くらいでも絶大だけど段々「自分の意思」とか「自分の世界」をハッキリ出すようになって、娘くらいになると段々並んできて「全部自分のしたいようにしないと気が済まない!」ようになって・・・
そんな風に大きくなっていくのだから、いろいろあるよね。
思春期では、「親に対する否定」が始まるけれど、それがその時期に無いとかえって後々良くない・・・って言うし。
女の子は口が達者で鋭くてキツイので、母親と仲良しな分、女同士で言いたい放題だから華々しいバトルになります!(笑)
それでも、「これだけハッキリ言ってくれる人がママをおいて他に居る?いないでしょう?」って娘に言い切ります!
娘もその時は一瞬おとなしくなります。
流したり、泳がせたり、ガツン!と言ったり。。。その日その日やり過ごすことの連続ですね~。^^ゞ
みやっちさんも、二人の子育てでにぎやかな毎日ですね♪(*^^*)

by: シルフィー * 2007/06/20 08:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/398-f5970377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。