スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
この春4度目の苺ジャム作り
2008 / 03 / 22 ( Sat )
いちご





1箱1000円の「さちのか」。
これを買って、この春4度目になる苺ジャム作りをしました。
1度目は1パックだけ。それ以降は1kg(3パック少し)ずつで作りました。
「えっ!(@_@;) なのにまだ作るの!?」と思っていらっしゃる方もいるでしょう。笑
今年は交換会の1品として季節の果物のジャムを予定しているのと、
ジャムを使ったパウンドケーキがすっかりお気に入りになったので、
消費量が多くなると思われ、例年より多く作るつもりです♪
4月になると1箱800円近くまでお安くなることを期待しています。
でも、地域によってもっとお安いみたいで、
茨城の母は1ケース180円~150円程で買えるそうですよ。いいなぁ。。


さて、今回の苺ジャムは少し作り方を変えてみました。
今までは、煮て火を止める前にレモン汁を加える方法 でしたが、
今回は、苺の一部を潰してグラニュー糖と共にレモン汁を最初から加えて
水分をよく出させてから煮る・・という方法です。
苺の一部を潰して加えるのは「呼び水」効果と同じだそうです。
レモン汁を最初から加えるのも苺の水分を出やすくするためです。

私が苺ジャム作りを初めてした時のレシピは、「火を止める前にレモン汁を加える」
だったので今までその方法にしてきたのだけれど、
今回試してみると、本当に苺の水分の出方がとても早かったです!
前回の苺ジャム作りでは水分が出るまで丸一日も置いて待ちました。
それが、今回は半日で十分でしたよ♪


そして、出来上がりの苺の果肉にも違いが出ることがわかりました。



いちごじゃむ1


どちらも苺が丸ごとのプレサーブスタイルだけれど、
レモン汁を先に加えた方が果肉が軟らかくほどけやすいようです。
なので、用途や好みに合わせて、
苺が丸ごとしっかりしているのが良かったらレモンは最後に、
苺は潰しやすくソースやお菓子に使うのならレモンは最初に、

が良いと思われます♪



いちごじゃむ2


あく取り~のいちご水やムースはどちらも同じに生まれます。
レモンを加えると鮮やかで明るい赤になるので、
最初からレモンを入れると、その分だけいちご水もムースも色が赤みを帯びます。
前回のムース の色と見比べるとわかりやすいと思います。


レシピ

レシピ フレッシュ☆保存できる自家製いちごジャム by シルフィー


今日はあく取りから生まれるいちご水でゼリーを作るつもりだったのに、
すっかり忘れていました。。
ここに一緒にアップしたかったなぁ。。。


関連記事

テーマ:ジャム・コンポート・シロップ・ソース(季節の果物で) - ジャンル:グルメ

2008 / 03 / 22 / 23 : 35 | ジャム・コンポート・シロップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<誕生日ありがとう | ホーム | 大きなマドレーヌ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/638-ee2c0cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。