スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- / -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
6月末~7月初めの庭から ~アヤメ科2種
2008 / 07 / 16 ( Wed )
しろいじゃーまんあいりす1



ジャーマンアイリス


6月の末になると、我が家の庭はジャーマンアイリスの季節です。
去年の秋に球根花壇のレイアウト変えをし、
ジャーマンアイリスも植替えを大胆に行いました。

球根花壇は1坪程度の花壇で、ジャーマンアイリスの他、
水仙、クロッカス、チューリップ、ムスカリが咲くようにしています。
数年前にカサブランカも植えましたが、段々上手く咲かすことができず、
今回は思い切って外しました。

今年はどこまで咲いてくれるかなぁ…と思っていましたが、
無事、今まで通り美しい姿を見せてくれたようです。
白いジャーマンアイリスは気品があって美しいと思います。*^^*


しろいじゃーまんあいりす2



花の撮影って、晴れの日は向いてませんよね。
こんな淡い花なら特に、うす曇りや朝の光の中がチャンスだと思います。



しろいじゃーまんあいりす3



お花には、ついついマクロ的な写真を撮りたくなる私。

それにしても、ジャーマンアイリスの垂れた花びらって、
「牛タンみたい…」と思ってしまうのは私だけでしょうか。。。(^_^;)
美しいとか気品とか言っておきながらスミマセン。汗汗
ちなみに、牛タンはあの縞模様とシコシコ感がどうもリアルな「牛の舌」を感じて
苦手です…。更にグロテスクな塊の姿からはとても食せません。汗



むらさきのじゃーまんあいりす1



紫のジャーマンアイリス


真上から。



むらさきのじゃーまんあいりす2



これも、毎年撮ってしまうアングル。(^_^;)
中央の縞模様の部分は、牛タン様でもあり、トラ縞模様でもありますね。
(…なんて、雰囲気の無いことばかり書いててすみません。)

濃い紫の花びら部分は、ベルベット様です♪



むらさきのじゃーまんあいりす3



ところで、ベルベットってどうしてあんなにお高いのでしょう?
新宿のオカダヤさんで1m6000円以上もして、
あっさり別珍で済ませたことがあります。(^_^;)
でも、あの高級感・上質感が素敵ですよね♪
それにしても、今日は余計な方に脱線ばかりしてます…汗
(いや、私にはいつものことか。笑)



むらさきのじゃーまんあいりす4



これは晴れた日。

ジャーマンアイリスが咲き揃う時期は、毎年何故か雨続きと重なり、
雨の中で満開になっているのを恨めしく思うものです。
雨のあとには、とても悲しい姿になってしまう…涙



むらさきのじゃーまんあいりす5



今年も、この写真の後は雨にたたられ…
その後は美しさを見られませんでした。(泣)

ジャーマンアイリスにはいろいろな色がありますが、
我が家にあるのは白と紫の2種のみ。
夫の母から分けてもらったものです。
私の母はジャーマンアイリスに風情を感じられず好きじゃないようですが、
(個人的見解&趣味趣向によるもの)
この2色はその中でも気品と風情が感じられる気がします。



そして、我が家にはアヤメ科からもうひとつ。



ひおうぎあやめ1



ヒオウギアヤメ

があります。
こちらは、郊外をドライブ中に道端から夫が採ってきて庭の片隅に植えたもの。
野に咲いている素朴で小ぶりで控えめなアヤメです。



ひおうぎあやめ2



我が家の庭でも毎年ちゃんと咲いてくれます。
ありがとう。。*^^*



ジャーマンアイリスとヒオウギアヤメ
また来期、美しい花を見せてね。






昨日は、今月いっぱいで札幌へお引っ越しをしてしまう娘のクラスメイトのお宅へ
お寄りさせていただきました。
小学1年からずっとクラスが一緒で、ピアノの先生も同じ年数一緒で、
(途中、ヤマハから個人の先生に移っているにも拘らず、です。)
このまま高校も同じ可能性もあり、
ずっと共に学び、共に居られる感じを持っていました。
が、4月の末に突然のお父さんのご逝去。。
この度、英断で札幌に移る選択をされたようです。
娘から聞いた時はとても寂しさを感じ、その夜、お母様と話す夢を見ました。
思ったように話せず、「残念だわ…」と思っている夢。
夢だと気づいてホッとしました。笑
昨日も思い通りに話せなかった部分もありましたが、
新居地が夫の住まいから割と近いこともあるし、
「今度は札幌でお茶しましょうね♪*^^*」と言い合ってきました。
他にももう一人、この夏で札幌へ転校するクラスメイトがいると知り、
中学に入学してから既に数人が皆札幌に行っているので、
「みんな行ってしまうのね…」と少し寂しい思いをしています。
札幌は190万人の大都市、広い広い北海道に於いては特別な町なのです。
札幌とそれ以外の地方には格差があると感じます。
…なんて、昨日は田舎者ゆえの少し暗い気持ちになっていたのですが、
その親子にとってみると大変な挑戦であるかもしれないのですよね。
元気に頑張っていって欲しいと思います!
そして、そのうち、本当に札幌で会いましょう!
これからも互いに元気に頑張っていきましょうね!


今日は午後、2泊3日のキャンプから娘たちが帰ってきます。
あっと言う間ですね。
超あっさりしていて男の子のような気質で、全然返事もしないし態度の悪い娘ですが、
やはり一人では張り合いが無かったです。(笑)
このキャンプが最後の行事となったクラスメイト2人と
貴重な時間と経験を共にできたでしょうか。
娘は撮りきりカメラを持参して行ったので、何が写っているのか楽しみです♪*^^*


関連記事

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2008 / 07 / 16 / 09 : 52 | ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<苺の初収穫 | ホーム | 6月下旬の庭から>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/738-ff2dcb52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。