北海道の新鮮素材でまた
2009 / 02 / 08 ( Sun )
ほたてとほっきとゆりね


今日の新鮮素材 ホタテ・ホッキの耳・ユリ根


またまた買ってしまいました。今回は、
ホタテのお刺身用のむき身 大3個で289円
ホッキの耳     200gパック 198円
ユリ根             1個98円



ホッキの耳とユリ根で茶わん蒸しにします♪
白くて綺麗でお安いユリ根を見つけてから、そう決めていました。
ユリ根の生産は北海道が全国一なんですよ!
でも、ホッキの耳が先日は50円だったのにこの日は198円…
この違いはなんだろう。。
この前が破格に安くて、もしかして値付けの間違いだったとか!?
…( ̄  ̄;)うーん、良く分からないけど、
茶わん蒸しの為にホッキの耳が出ないかな~と毎日待っていて、
やっと見つけた日、それも1パックだけだったので、買いました。
ホタテは、この日のセールで大きいものがこのお値段。お刺身で頂きます♪
ホタテの実物を娘に見せる為にも貝殻付きを買うと良かったのだけど。。


というのもね、先日買ったホッキの耳で、娘が面白いことを言い出してね。(≧m≦)
一生懸命私に質問をしてくるんだけど、何を言いたいのかチンプンカンプンで、
説明に困った娘が必死になって咄嗟に口に出したのが、
「だから、ホッキ-(ひく)アサリなのっ!!」

えっ…ホッキとアサリの引き算!?てナニ? (@_@;) 
そんな引き算初めて聞くよ~!!と大ウケ。(笑)
お腹が痛くなるほど二人で笑いました。
貝類を食べたがらない娘、私も滅多に貝のままで買わないので、
貝の学習の為にも貝のままのホタテを買って見せようと思ったんだけど、
このスーパーには置いてないのでまた別の機会にね。
貝のままのホッキとアサリも一緒に買って見せましょう!(≧m≦)


というわけで、これらで土曜日の晩ごはんです。
つづきでどうぞ~。*^^*




ほっきごはん


ホッキご飯


再びホッキご飯です。
「ホタテのヒモ」も使いました。
ホタテのお刺身に貝柱を取った残りの、長ーい帯状の部分です。
ホタテのヒモは歯応えがあるけれど、いいお出汁にもなります。
炊飯器で普通に炊くだけだけど、「おこげ」も出来て美味しいんですよ。*^^*



ちゃわんむし


ホッキとゆり根の茶碗蒸し


いつもはレンジの茶碗蒸しコースでするのだけど、
丸16年になろうというおばあちゃんレンジオープンで
長時間レンジメニューはエラーになってダメなので、
初めての方法で作ってみました。

それは【地獄蒸し】というもの

お鍋に水を2㎝程入れ、クッキングペーパーを敷いて器を置き、強火で沸騰させます。
お箸を挟んで蓋をし(蓋が斜めになります)、そのまま強火で3分
→弱火で10分加熱して→お箸を抜いて蓋を閉めて余熱で5分で出来上がり!
です。ちょっと半信半疑だったのですが、この通り!
とろとろ~!のなめらか茶碗蒸しになりましたよ。*^^*
「す」が入ってしまう方、蒸し器やレンジの無い方にぜひおススメです♪


ユリ根がお芋のようにホクホクしてて、ホッキからの出汁が出ていて、
美味しい茶碗蒸しになりました♪
私は鶏肉の茶碗蒸しは今一つ美味しいと思ったことが無いけれど、
こういう茶碗蒸しの方が好きなんです。(≧∇≦)



ばんごはん


土曜日の晩ごはん


ホタテのお刺身は、身が締まっていて歯応えもあり、美味しかったです!
柔らかいホタテじゃダメですよー。


今日も北海道の美味しい新鮮な素材に感謝しながら、美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。
.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル


関連記事

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

2009 / 02 / 08 / 22 : 01 | 北海道 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<勝手に友チョコの試作 1 | ホーム | 林檎のキャラメリゼケーキ>>
コメント


ううううう・・・
こんな夜中に来るんじゃなかった・・・・・・・・(笑)
めちゃ、美味しそう!
食べたい~~!
ほっきのご飯に茶碗蒸し、食べたことないけれど、めちゃ、美味しそう~~!
マジで、おなかすいてきました(笑)
by: will-mari * 2009/02/09 02:33 * URL [ 編集] | page top↑
★追伸

もう、本当におなかすいちゃって、我慢できなくなって、
ラーメン作って食べちゃった(笑)
明日の体重・・・気になります(笑)
by: will-mari * 2009/02/09 02:52 * URL [ 編集] | page top↑
★すごい名前ですねぇ~

でも今度試して見ますね !

それにしても本当に安いので信じられないです。
貝が好きな私には目の毒です(^^ゞ

魚は結構食べられる様に成ってきたものの、貝はねぇ~
ちょっと怖くて食べられないんです。
ムール貝とかアサリはあるのですが・・・
生なんてとんでもないです(笑)

冬の北海道でお腹一杯魚介類を食べて見たいです !!!
by: つる * 2009/02/09 08:02 * URL [ 編集] | page top↑


こんにちは。またまた美味しそうですね♪
ほっきもユリ根も大好物です!しかも茶碗蒸しも大好きなので、黄金コンビ?!食べたいです~。

昨日、そちらは雪が10センチくらい積もったそうで、父が戻る日だったので飛行機が飛ぶかなど心配でしたが、夜には無事こちらに戻りました。
午前中はそちらで何十年ぶりかに雪かきをしたそうです(笑)
家のすぐ前の道は通学路なので除雪車?が通り綺麗になるそうなんですが、そこまでの出入りするところなどは溶けたのが凍ってしまうとどうしようもないので、祖母と同居している伯母と父と二人で1時間ほどかかって片づけたそうです。

父が持ち帰ったおみやげの中に、こまいがあったんですけど、これがまた頭とはらわたはとってある10センチくらいのコマイで半生?ぽいのを冷凍したものを1kg分どっさりで、さっそく今日のお昼にあぶっていただきましたが、すっごいおいしーーーかったです!やっぱり自然の恵みっていいですよねぇ~。
早速今晩ドゥドゥにも食べさせてあげようと思います♪
by: うっかりペネロペ * 2009/02/09 13:57 * URL [ 編集] | page top↑
★will-mari さんへ

こんにちは♪

mariさんもこんな時間に起きていらっしゃるの?
私も夜更かし常習者なんですよ。(≧m≦)
でも、追伸までの20分でラーメンを作って食べちゃったなんて早っ!(笑)
ホッキのご飯と茶碗蒸し…産地に近くないと生のは無理かしら。。
一度食べてみてほしいです。
北海道では、お寿司やお刺身の海老、ホッキ、アワビ、ツブ…何でも生です。
カニのお刺身だってあります。
ボイルしたエビやホッキやアワビやツブは…と思ってしまう道産子です。^^;
by: シルフィー * 2009/02/10 10:41 * URL [ 編集] | page top↑
★つるさんへ

こんにちは♪

地獄蒸しという名前ほど激しくも無かったのに、どうしてそんな名前なんでしょうね。笑
とてもふるふるなめらかにできましたよ~。
今度はプリンに応用できないかな?と考えているところです♪
つるさんもぜひ、茶碗蒸しで試してみてくださーい。*^^*

貝類がお好きだったんですね!
でも、そちらのは生食用じゃないんですね…。(涙)
私も、本州みたいにボイルしたエビとかアワビとかツブとかは、
どうもイマイチに思ってしまいます。
北海道はこういうのは何でも新鮮食材に囲まれているので。
でも、アサリの生だけは聞いたことないですね。(≧m≦)
あ、新発見だ。今まで気付きませんでした!
そーいや、アサリだけは生で食べない。。
生だと美味しくないのかな?加熱しないとダメな理由があるのかな?
ルーム貝といえば、どうも美味しくないイメージがあって、
きっと美味しいルーム貝を食べたことが無いんだと思う。(悲)

美味しい海の幸がいくらでもあるので、
つるさんにはいつかいつか、北海道旅行にいらしてほしいです!!*^^*
by: シルフィー * 2009/02/10 10:51 * URL [ 編集] | page top↑
★うっかりペネロペさんへ

こんにちは♪

お父様、無事お帰りになったんですね。
あの雪の日でしたか。私も朝から雪かきしてましたよ~。
我が家は雪かき面積が広くて、お隣さんと共有通路もあるので、
朝からせっせと雪かき出動隊です。
で、我が家側の通路に必ず吹き溜まるので、
この日も高さが40~50㎝になっていました…。
仕方ないけど、いつも我が家側だけなので雪かきの負担はいつも多いです。
でも、この日の雪はふわふわ雪で軽かったので、まだ楽でした~。*^^*
お父様も久しぶりの雪かきで懐かしい思いをされたのでしょうね。
湿った重い雪でなくて何よりでした。

コマイ、やめられませんよね。(≧m≦)
北海の珍味は何でも好き!
先日、茨城の母からのリクエストに「とば」もありました。
ペネロペさんならとばって知ってるよね??鮭とばです。
いろいろ詰め合わせて送ったのだけど、特に喜んでもらえました。*^^*
by: シルフィー * 2009/02/10 11:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sylphes2.blog70.fc2.com/tb.php/970-4053db79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |